出雲大社と日御碕神社に行ってきました(その1) - 老後の趣味と学び - 専門家プロファイル

明石 久美
明石シニアコンサルティング 代表
千葉県
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:老後・セカンドライフ

中舎 重之
中舎 重之
(建築家)
植森 宏昌
(ファイナンシャルプランナー)
橋本 亜依
(恋愛アドバイザー)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

出雲大社と日御碕神社に行ってきました(その1)

- good

  1. 人生・ライフスタイル
  2. 老後・セカンドライフ
  3. 老後の趣味と学び
神社仏閣巡り

隠岐の島(島後)でのセミナーのあと、隠岐の島に1泊して島内を堪能し、その後松江泊で出雲大社に行ってきました。

隠岐の島に行くならと島根県を堪能する予定を立て、夜の最終便飛行機で米子泊、翌日には境港駅の水木しげるロード、美保神社、玉作湯神社に行き玉造温泉泊。翌日出雲空港経由で隠岐の島に行きセミナー。隠岐の島に宿泊して隠岐の島堪能後、フェリーで松江泊経由で出雲大社という予定です。

何しに行ったの?と周囲から言われるほどの観光三昧でしたが、セミナーに呼んでくれた隠岐の島市役所には感謝感謝です。


松江しんじ湖温泉に泊まり、翌日の朝早く一畑電車で出雲大社に出発です。
玉造温泉で入手しておいた「縁結びパーフェクトチケット」を3000円で購入してあったので、3日間バスや一畑電車、出雲空港への直行バスなどが乗り放題でとても便利でした。

知らない場所で切符を買うって、結構大変なんですよね。


前回、出雲空港から出雲大社行きの直行バスで行ったとき、かなりの人数が降りたので、今回はそのバスが到着する前に参拝した方が少しはゆったり参拝できるかなと思って、朝早くの電車に乗って出発しました。

出雲大社を初めて訪れたのは3年前。まだ御仮殿だったときです。

今回は、遷宮後でしたので参拝するのが楽しみだったのですが、出雲大社前のお店もきれいになり(当時は開発工事中)、人も前より多い。しかもお昼近くなってくるとアジア系の方が特に多い感じがしました。


今日の予定は、出雲大社に参拝し、その後ご本殿の右手側にある出雲大社教、もっと先にある出雲大社摂社の命主社(いのちぬしのやしろ)を参拝し、今度は出雲大社左手側にあるバスセンターから、日御碕神社、出雲大社近くの博物館に行く予定です。


まずは、出雲大社。

出雲大社前駅を降り、出雲大社へ。鳥居までは5分位。
 

そして出雲大社の鳥居
 
参道を歩いて行くと、右手に祓社があります。こちらで穢れを祓ってから参拝すると良いとのことなので、まずは参拝。

そのまま歩いて行くと

左手にウサギのオブジェ、
 
因幡の白ウサギのオブジェ、
 
右手には大国主が両手を広げ幸魂奇魂を授かっているオブジェがあります。
 
青銅の鳥居を触ると金運UPなんていうのを何かで見たので、一応鳥居に手を当てて金運UP祈願。
 
そしてやっと初参拝のご本殿。お仮殿との距離は大したことないのですが、なんとなく「仮」よりもありがたみがある気がするのは、私だけではないと思います(笑)

ぼーとっしていると忘れてしまう、2拝4拍手1拝。
まずは拝殿で参拝(前のお仮殿)。


前の人が4拍手したのを聞いて、そういえばと思いだし、恥をかかずに参拝することができました。

そして拝殿奥にあるご本殿にて参拝。
 
以前はご朱印をいただくときに、売店でご朱印帳を購入してから・・・だったのに、今では「紙に書いたものでも良いですか?」なんてやり取りがされており、すっかり人数さばきの体制が整っておりました(汗)

相変わらずご朱印料は「お気持で」なのは変わりありません。


八百万の神様が鎮座する社の前を通って裏手にまわると、ご本殿がちょっと見えます。
 


大国主大神は正面ではなく、西向き(本殿左側)に御神座なさっているため、ご本殿左側にある参拝場所で、大神様に向かい合って参拝することができます。
 
その後、右手から出て、お隣の出雲大社教へ。

この続きは後日。

FP明石久美の老い支度&葬儀コンサルお仕事ブログ-セミナー・研修の申し込み・お問い合わせ
 
=   =   =   =   =   =   =   =   =   =
ファイナンシャルプランナー明石久美
 シニア向けセミナー、営業社員等への研修セミナーも行っております

■講演地域:全国
 

このコラムに類似したコラム

出雲大社と日御碕神社に行ってきました(その2) 明石 久美 - ファイナンシャルプランナー(2014/12/09 08:00)