トイレ環境 - バリアフリー住宅 - 専門家プロファイル

やすらぎ介護福祉設計 代表
埼玉県
建築家
048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

トイレ環境

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. バリアフリー住宅
アメブロより更新中

公共トイレでは自動洗浄タイプの便器が増え、同時に一般家庭用にも装備されてきました。

というのも、今までは背面タンク横にレバーがありましたが、タンクレスの便器になるとリモコンの洗浄スイッチを探すのは大変です。

座位状態でリモコン操作がしやすく、立位での使用はウォシュレットを使用しないので洗浄は自動でというのが、これからのトレンドだと思います。


また、スキー場や北国での公共トイレに入ってありがたいのが、部屋が暖かいことです。

衛生面がキレイであることに加え、空気環境が整っているトイレが嬉しいですね(^^)




ブログネタ:「トイレ」をもっと気持ちよく
「暮らしの提案プロジェクト」特設サイト











カテゴリ このコラムの執筆専門家

(埼玉県 / 建築家)
やすらぎ介護福祉設計 代表

介護福祉のことなら何でも相談できる、ワンストップ型を目指して

医者に外科・内科等あるように、建築士にも介護福祉専門家がいてもいいと思いませんか?障がい者・高齢者や団塊世代が「終の棲家」としての住まいで安心して暮らせるサポートを致します。車いす使用などバリアフリー住宅や高齢者福祉施設などもご相談下さい。

048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「アメブロより更新中」のコラム

Guns N' RosesとBABYMETAL(2017/01/29 00:01)