誰でもできる重要事項のチェック・・その2 - 不動産売買全般 - 専門家プロファイル

徳本 友一郎
株式会社スタイルシステム 代表取締役
不動産コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:不動産売買

森田 芳則
(不動産コンサルタント)
楯岡 悟朗
(不動産コンサルタント)

閲覧数順 2020年11月25日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

誰でもできる重要事項のチェック・・その2

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 不動産売買
  3. 不動産売買全般
不動産売買に役立つ基礎知識 購入編

      ◆ 融資利用の特約をチェック!



業界ではこの特約のことをローン条項とも言います。


「融資利用の特約」を明記することで、
万一、契約後に住宅ローンが借りられなかった場合
支払った手付金や仲介手数料が返還され、
契約を白紙にすることができます。


明記する内容は


    ・借入先の金融機関   ・借入れ金額
    ・融資期間         ・融資金利
    ・種類            ・返済方法



などです。

この中で、特に大切なのが借入先の金融機関名です。

あなたが特定の銀行を希望される場合は、必ずその名称を入れてください。

「民間銀行」「銀行等」などあいまいな表記は絶対に避けてください。


金利の高い銀行へ振り返られる可能性があります。
(よくこのトラブルを聞きます。)

あなたが借入を希望する銀行で、もしローンの承認が得られなかった場合、
それを理由に白紙解約ができなくなります。