あなたにとっての1年間の価値は? - 各種のヨガ・ピラティスレッスン - 専門家プロファイル

Style Reformer 『猫背改善専門スタジオ「きゃっとばっく」』代表
東京都
ピラティスインストラクター
03-6228-1946
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ヨガ・ピラティス

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

あなたにとっての1年間の価値は?

- good

  1. 運動・スポーツ
  2. ヨガ・ピラティス
  3. 各種のヨガ・ピラティスレッスン

 先日


ランニングをしながら


ふと考えた



 もし自分に


一生生活に困らないだけの資産があるとして


自分の余命が1年と分かった時



 お金で時間が買えるのなら


1年間をいくらで買うだろうか?



 逆に


現在、自分の時間を売るとすれば


1年間をいくらで売るだろうか?



 「1年間を300万円で売ってくれない?」


と聞かれたら


売る人もいるだろうけど



 きっと


多くの人は売らないのでは?



 少し話は変わり


やりたいことがあるけれど


現在の安定した生活や収入の為に


やりたいことに挑戦をしない人というのは



 その年収で


自分の大切な1年間を


売っているのと同じではないだろうか?



 よく


「~の為に」


という言葉を使う人がいるけれど



 それは本当に


「~の為」


なのだろうか?



「~の為」


ではなく


「~のせい」


にしていないだろうか?



 「~の為」と想っている


~さんは、本当にそれが幸せなのだろうか?



 例えば


「父さんは、お前を大学にいかせる為に


 自分の夢を諦めて必死に働いたんだよ」


なんてドラマのワンシーンの様なセリフを言われて


その子供って、本当に嬉しいのかな?



 自分自身を含め


やりたい何かが見つかっても


やらなくて良い理由なんて


その何十倍もたくさん転がっていて



 その やらなくてよい理由を


正当化するための言い訳も


果てしなくあるのだけれど



 そんな理由に目を向けて過ごしていても


楽しい日々は送れない気がするんだよね



 おせっかいオバちゃんタイプの自分も


「~の為に」と想うことがあるけれど


本当にそれは「~の為なのかな?」


「~のせい」にしていないかな?と


自問自答を繰り返す



 どうせなら


「我が生涯に一片の悔いなし!!」


と言って


儚くなりたいものだな~



 走りながら


ふと そんなことを考えた



としお

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ピラティスインストラクター)
Style Reformer 『猫背改善専門スタジオ「きゃっとばっく」』代表

目指せ!!2か月で猫背改善

高性能な姿勢分析器と専門のトレーナーがあなたの骨盤や背骨、肩甲骨の歪みなどを確認し、あなたのカラダとココロに合わせたエクササイズを提案し、2か月で猫背の改善を目指します!!

03-6228-1946
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。