【最幸ビジネスモデル】競合はどこにもいない。 - 新規事業・事業拡大全般 - 専門家プロファイル

星 寿美
プラウドフォスター株式会社 代表取締役
東京都
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:新規事業・事業拡大

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

【最幸ビジネスモデル】競合はどこにもいない。

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 新規事業・事業拡大
  3. 新規事業・事業拡大全般
 【最幸ビジネスモデル】  2014.7.4 No.0894
===========================
■今日のテーマ
 競合はどこにもいない。
---------------------------

表面的に同じようなサービスでも
その人が、ありのままやれば
それは世界でたった一つのサービス。

今までは、
競合がいて、
だから差別化が必要で。

そういうモデルで動いていた時代。

でも、
もうとっくに時代は変わっていて
「人」に集まる時代なのだと感じている。

人に集まれば
競合という概念すらなくなる。

一人一人が
自分とまっすぐ繋がって
自分のまま表現したら

 表現というのは
 考えている事、実現したい事
 話すこと、着る事、生活すべて。

それは雪の結晶や指の指紋のように
世界で唯一の表現となる。

その世界で唯一の表現に対して
「わー、それ私好きー。」
と好き嫌いで選ばれる。

競合とか、差別化などという
今までの概念が必要ない世界。

たとえば、
ある友人はメーク教室を主催しているが
彼女のところに集まるお客さまは
彼女との、そのあとのティータイム目当てで
行列状態。

また、よくこのメルマガにも書いているが
近所の100円ショップの店長さん。
チェーン店なので、日本中に同じお店があるが
「私はお母さん達の駆け込み寺」と
思って仕事をしているので
お母さん達は、おばあちゃん店長さん目当てに
お店に行き、ついでに買い物をして帰っていく。

他にも
大手フランチャイズの学習塾でも
カフェでも、多くの業界で
友人達が面白く大活躍。

あ、そう言えば・・・。

私自身も、15年前の小料理屋オーナーの時、
お客さん自身が会計や皿洗いまでする
不思議な「私ワールド」のお店が
流行っていた(爆)

現在も、
私のコンサルは「知識」ではなく
対話を通じてエネルギーの循環により
共に創造していくスタイルは
まったく競合がいない。

誰もが、
ただ、自分で在るだけで
価値がある。

その価値に気付いて豊かさを
みんなにシェアする事が
ビジネスという時代に突入している。

___________________________
■今日のまとめ

 誰もが、ただ、自分で在るだけで価値がある。
 その価値をシェアしあい豊かさが広がる時代。

---------------------------