【最幸ビジネスモデル】いろんな世界の人と。 - 新規事業・事業拡大全般 - 専門家プロファイル

星 寿美
プラウドフォスター株式会社 代表取締役
東京都
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:新規事業・事業拡大

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

【最幸ビジネスモデル】いろんな世界の人と。

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 新規事業・事業拡大
  3. 新規事業・事業拡大全般

 【最幸ビジネスモデル】  2014.6.16 No.0880
===========================
■今日のテーマ
 いろんな世界の人と。
---------------------------

ここ数年。
すっかり「交流会」のような場所に、
行かなくなった。

そもそも、行かない方ではあったが。

セミナーなども
自分では開催するくせに
人のはほとんど行かない。

また、
ある特定のコミュニティに、
深く関わるのも苦手だ。

だからなのか、どうなのか。

ふと気付くと
身近な友人達は、見事に多種多様!

人との繋がりや
旅先など、面白い必然で繋がって、
普段は距離があるけれど
心の繋がりは深い友人たち。

1年以上会わなくても
再会すると、まるで10年以上は一緒にいたような
そんな感覚になる深い友人達。

森の奥深くで自給自足をしている人や、
自由に世界を旅している人や、
芸術の世界で、海外で活躍している人や、
ビジネスで成功している人や、
不登校の中学生や、
絶対に表に出ない億万長者さんや・・・、

まー、ほんと!
見事に多種多様な
マイノリティな方達(笑)

そういう、
まったく別の世界に住んでいる人達と
実際に会う回数は少なくても
深~い対話ができる付き合いをしていると
お互いに刺激し合って、
感性やインスピレーションに磨きがかかる。

それぞれが
「自分の世界」を確立している
(プロセスではあっても)
からこそ、刺激し合える。

与え合う関係というか
受け取り合う関係と言うか・・・。

ようは、
「自分」として「自立」している。

社会的には
不登校の中学生、だとしても
その親よりは、ずーーっと自立していたりする(爆)

なにも、
自分で稼いで暮らす事だけが自立ではなく、

(やらされ感で仕事して生きているのを
 自立と呼ぶのも面白い社会だ!)

自分の世界を創造している事も
自立の一部かと感じる。

そういう
自分と繋がって、自分の世界を創造し
且つ(子どもをのぞくと)
社会的にも驚く程活躍しているか、
もしくは、
社会とは関係なく幸せな、
友人達の存在が、人生の宝だなぁと感じている。

ビジネスでも
異業種の人と話すと、
自分の業界では常識という事が
他の業界では斬新なことだったりする。

似たような生活をし
似たような社会で
似たような思考回路の人が
周りにたくさんいても
なかなか枠を超える、
発想や行動は生まれないのでは?

そして
どんなに巾の広い人達と交流しても
自分の世界を持っていない人は
ただ時間を奪うばかり。

お互いに刺激しあって
世界を広げる為には
やはり、自分と繋がって自分を生きている
ことが必須なのだと感じている。

今日は「巾」について書いてみたが
明日は「人には深さがある」ことの
言語化にチャレンジー♪

___________________________
■今日のまとめ

 それぞれの世界で活躍している素敵な人とは、
 「自分の世界」を確立している(プロセスではあっても)
 からこそ、お互いに巾が広がって行く。

---------------------------
■おしらせ

 メルマガ888号記念に、出血大サービス企画中。
 あと8通♪

---------------------------