雨降って地固まる - バリアフリー住宅 - 専門家プロファイル

やすらぎ介護福祉設計 代表
埼玉県
建築家
048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

雨降って地固まる

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. バリアフリー住宅
アメブロより更新中
沖縄は既に梅雨入りしたとのことですが、関東の梅雨の期間は6月~7月が一般的です。

新築やリフォーム工事において、雨天に弱いのは

1.地業工事

2.コンクリート工事

3.防水工事

4.塗装工事


などがあります。


1については、土弄りになるので水が混じると泥状態になるからという理由ですが、最近は地盤改良材などを混ぜることで、長雨でもそんなに心配は要らない工事になってきています。


「雨降って地固まる」ということわざがありますが、砂質地盤に当てはまり 粘土質地盤は水はけが悪いので蒸発させる方向で考えるべきだと思います。


また、コンクリート工事でも表面を養生することで余分な水分を含まないようにできますが、床面を打ちっ放しコンクリートにする時などは、延期したほうが無難ですね。


厄介なのは、防水工事や塗装工事で 施工面の含水率が仕上がりに影響するので、中止になることが殆どです。

3・4の工事は仕上げ時期に行うので、工事開始日程を逆算することで梅雨時期を避けるようにすることが大切だと思います(^^)

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(埼玉県 / 建築家)
やすらぎ介護福祉設計 代表

介護福祉のことなら何でも相談できる、ワンストップ型を目指して

医者に外科・内科等あるように、建築士にも介護福祉専門家がいてもいいと思いませんか?障がい者・高齢者や団塊世代が「終の棲家」としての住まいで安心して暮らせるサポートを致します。車いす使用などバリアフリー住宅や高齢者福祉施設などもご相談下さい。

048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「アメブロより更新中」のコラム

2017年の祝日は。。(2016/12/05 00:12)

休日の音楽(2016/12/04 00:12)

チャンピオンシップ決勝(2016/12/03 00:12)

続オーバーホール計画(2016/12/02 00:12)