ロボット介護は、すぐそこまで - バリアフリー住宅 - 専門家プロファイル

やすらぎ介護福祉設計 代表
埼玉県
建築家
048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ロボット介護は、すぐそこまで

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. バリアフリー住宅
アメブロより更新中

毎年、国際福祉機器展で発表されている「ロボット型介護機器」や「ロボット・リハビリ機器」などは年々進化し、実用性が出てきた感じがします。

厚生労働省の資料

かつて、機械のチカラによる介護は人間的でないなどと敬遠されていた時代がありましたが、今や人手不足や介助者の身体の問題などを考えると、ロボットのチカラは必要になってきたと思います。

同時に、施設や在宅で「ロボット」を使用した状況になるので、住宅を設計する側もロボットの特性を知っておかなければ、使い勝手が悪くなってしまいます。

今までは、電動車いすや移動・移乗リフトなどが重量のある機器でしたが、今後はロボットの重量も考慮に入れる時代がやってきたと感じています(^^)

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(埼玉県 / 建築家)
やすらぎ介護福祉設計 代表

介護福祉のことなら何でも相談できる、ワンストップ型を目指して

医者に外科・内科等あるように、建築士にも介護福祉専門家がいてもいいと思いませんか?障がい者・高齢者や団塊世代が「終の棲家」としての住まいで安心して暮らせるサポートを致します。車いす使用などバリアフリー住宅や高齢者福祉施設などもご相談下さい。

048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「アメブロより更新中」のコラム

入院時の必需品(2016/12/07 00:12)

高齢者の事故(2016/12/06 00:12)

2017年の祝日は。。(2016/12/05 00:12)

休日の音楽(2016/12/04 00:12)