障子ノススメ - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

碧山 美樹
プラスエム・アーキテクツ(碧山建築設計室) 
建築家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

野瀬 有紀子
野瀬 有紀子
(一級建築士 インテリアコーディネーター)
松永 隆文
(建築家)
松永 隆文
(建築家)

閲覧数順 2020年10月26日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

障子ノススメ

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
和のアイテムを現代に活かす
 窓回りをシンプルに仕上げたい時、何を使いますか?
ロールスクリーンやブラインドを使えばすっきりとした印象になりますが、出入りのある窓には不向き。
何と言ってもこの時期、断熱性がなく寒々しいのがいただけません。

そこでおすすめなのが障子。
断熱性はもちろん、さらに吸湿性や通気性もあるので冬の温度湿度の変化を押さえる働きをしてくれます。

和室のものだと思われがちですが、桟のデザインやピッチで印象がずいぶん変わります。

太鼓貼りといって組子の両面に紙を貼ったものは断熱効果が1.5倍になり、桟がシルエットでしか見えないので空間を選びません。
紙も手漉き和紙からレーヨン障子、プラスチック障子まで、用途に合わせて様々な種類のものがあります。

障子越しに陽が低く差しこむ冬の朝。樹々のシルエットを映すその清潔で柔らかな白は一日の始まりを優しい気持にしてくれるはずです。