物忘れ予防は書くこと - バリアフリー住宅 - 専門家プロファイル

やすらぎ介護福祉設計 代表
埼玉県
建築家
048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

物忘れ予防は書くこと

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. バリアフリー住宅
アメブロより更新中

私自身、物忘れが多いので 暗記できる容量・期間がだいぶ衰えたと感じます。。


これは手書きのアナログ時代から、キーボード入力のデジタル時代に変わった弊害かもしれません。


漢字も変換で出るので選択すれば良いだけですので「覚える」という訓練が日常から姿を消えました。



手書きというのは脳の様々な領域を使うので、脳の活性化にも繋がるようです。


確かに建築図面はCADで書かれることが主流になりましたが、パソコン画面で建物の一部分を書いていると空間認識が鈍るので、私は手書きで書いたほうが空間認識がしやすいです(^^)


日ごろやるべきことも、手書きでのリストを作成したほうが 頭の中にメモの映像が残り 忘れが減っています。


さらに認知症予防には、海馬に直結するニオイを感じる領域を活性化させると良いと言われてますね。


早期発見がカギになるので、普段から認知症チェックテストをご家族内で試していると良いかもしれません


参考hp ↓

http://www.nms.ac.jp/ig/biocell/topics/check1.html



カテゴリ このコラムの執筆専門家

(埼玉県 / 建築家)
やすらぎ介護福祉設計 代表

介護福祉のことなら何でも相談できる、ワンストップ型を目指して

医者に外科・内科等あるように、建築士にも介護福祉専門家がいてもいいと思いませんか?障がい者・高齢者や団塊世代が「終の棲家」としての住まいで安心して暮らせるサポートを致します。車いす使用などバリアフリー住宅や高齢者福祉施設などもご相談下さい。

048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「アメブロより更新中」のコラム

Guns N' RosesとBABYMETAL(2017/01/29 00:01)