「収納」と「ローフード」? - 整理収納・ハウスクリーニング全般 - 専門家プロファイル

鈴木 君枝
suzukuri 代表
神奈川県
収納アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:整理収納・ハウスクリーニング

片付けプロモーター 高橋和子
片付けプロモーター 高橋和子
(収納アドバイザー)
中野 早苗
(パーソナルスタイリスト)
宮崎 佐智子
(自分整理ナビゲーター)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。



こんにちは、整理収納サポートとインテリアで快適住まいづくりをお手伝いするすずくりです。


今日は「ローフードマイスター検定 2級」の試験を受けてきました。


なぜ、ローフード?と思われるかもしれませんが、一昨年前に開催しましたセミナー、「お部屋もカラダもすっきり!」というテーマで、本牧「三の谷カフェ」にてご一緒させていただきましたローフードの先生(石井恭子さん)との出会いがきっかけでした。


ローフードとは、「Raw=生の」+「food=食べ物」


果物・野菜を中心にする食生活ですが、ベジタリアンとは異なるかなあ、と思います。


30代後半、私は子宮筋腫と内膜症、それに伴う貧血に悩まされていました


筋腫も内膜症も手術をしましたが、いつまた発症するかはわからないとのこと。。。


そこで出会った本が「女性のためのナチュラルハイジーン」というものでした。





読み進めるうちに、「食べ物を改善したら身体は変わるのではないかな」と思い、ローフードを学びはじめるきっかけとなりました。


ヒポクラテスの言葉「汝の食事を薬とし、汝の薬を食事とせよ。」という表現がスっと理解できました。


まだまだ私の食生活は完全なローフードとは言い切れませんが、学んだことで、知らなかった栄養学や自然の法則に従って生きることの大切さを知りました。


癌や糖尿病、高血圧なども改善されたという方の症例もたくさんあるそうです。


食べたいように食べる飽食の時代に危機感を持つことも、これからは必要なのかもしれませんね。


意外に「ローフード」と「収納」は結びつくのです。


身体もお部屋もすっきりと、不要なモノ(毒素)は溜め込まないほうがいいようです




 |  コラム一覧 |