「〇〇でなければならない」をたくさん押し付けていませんか - 整理収納・ハウスクリーニング全般 - 専門家プロファイル

ライフスタイルコーディネート ソートフル 代表
福岡県
自分整理ナビゲーター
0120-143-173
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:整理収納・ハウスクリーニング

片付けプロモーター 高橋和子
片付けプロモーター 高橋和子
(収納アドバイザー)
片付けプロモーター 渡部亜矢
(収納アドバイザー)

閲覧数順 2017年02月25日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「〇〇でなければならない」をたくさん押し付けていませんか

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 整理収納・ハウスクリーニング
  3. 整理収納・ハウスクリーニング全般
片付け・整理収納 利き脳タイプ別お片付け

ありがとうございます。

自分整理ナビゲーター&ライフオーガナイザーの

宮崎 佐智子です。



お子さんが片付けられなくて困っています。

とおっしゃる方少なくないです。


お子さんが片付けないことで怒ってしまうこと

ありますね。

私も子どもたちが小さいころは、

「もうご飯だから片付けなさい」

「ちらかしてばっかり!!片付けなさい」

と、よく言ったものです。


困ってしまう

怒ってしまう


それはなぜでしょう・・・・・


もう小学生になったんだから自分の部屋は

自分で片付けられなきゃ


もう〇歳になったんだから、自分のことは

自分でできなきゃ



といった具合に、「○○でなければならない」を

たくさん作っていませんか?


完璧を求めていませんか?


怒ってしまう事がいけないことではありませんね。

怒るべきところでは怒ることも必要です。


怒ること、怒らないことを、分けることが大切です。



「片付け」しないのは、なぜだろう?

と考えてみてください。


他にもっと興味がある事があるかもしれません。

大人だって興味がないことは後回しになってしまいます。

子どもだったらなおのことです。


散らかしていることに何か理由があるのかもしれません。


お子さんの気持ちに共感してあげましょう。


「片付けなさい」といつも怒られているとしたら、

共感し、お子さんの気持ちを考えてあげることで

片づけを少しは好きになれるかもしれません。


「ねばならない」 を手放して、楽に心地よく

片づけをしてみましょう。


自分らしい暮らしが見えてきますよ。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(福岡県 / 自分整理ナビゲーター)
ライフスタイルコーディネート ソートフル 代表

女性の人生をよりよくする「心とモノ」の片づけコンサルタント

お客様の心をコンサルを通して聴き取り、寄り添ってお手伝いい致します。「片付けられない」「片づけ方法がわからない」女性とシニア世代の快適な空間、心地いい暮らし作りのお手伝い。教育の場に普及させ、子どもたちが住みよい社会になるサポートをします。

0120-143-173
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「片付け・整理収納」のコラム

本当に必要か?自問自答(2017/02/23 22:02)