歩く?走る?のダイエット効果の違い - ファッションとダイエット - 専門家プロファイル

ボディメイクスタジオCharmBody 代表
東京都
ボディメイクトレーナー
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

歩く?走る?のダイエット効果の違い

- good

  1. 美容・ファッション
  2. ダイエット
  3. ファッションとダイエット
脂肪減らすのに
ウォーキングとランニング

どちらが効果的?


$モデル体型ボディメイクトレーナー佐久間健一







運動の消費カロリー
仕事量+熱の発生です。


[速く走っても]
[ゆっくり歩いても]
1秒間にカラダがエネルギーを出せる量は、
決まっています。
自分の力の30%(ウォーキングくらい)
くらいの運動のときが最大です。


1秒間に筋肉が発生する熱は
自分の力の20%の負荷で最大です。


つまり、軽い運動の方
多くのカロリーを消費します。




クローバー以上を踏まえると

速めに歩く程度が最も効率が良いでしょう。










ウォーキングとランニングの
根本的な違い


•ウォーキング
→[前方に転がる]ような運動

•ランニング
→[上下に跳ねる]運動

と言えます。


上下に跳ねるランニングでは
アキレス腱などの
[バネ]の作用によって
筋肉によるカロリーの消費が
抑えられてしまいます。




例えば
ホッピンク、トランポリンで
100回連続でジャンプするのは
ほとんど力を使わないですよね?

これと同じで[バネ]によって
エネルギーを節約しているのです。







結論
5kmを歩いても、走っても
5kmの距離を移動する
という事実は同じです。

よって
ウォーキング、ランニング
どちらでも
カロリー消費はあまり変わらない





また、
•きつい!と感じる運動
•時間の長い運動は
ストレスホルモン(筋肉分解ホルモン)
が分泌されやすい
ところを踏まえると、


クローバー短時間(10~20分程度)の速歩きを
一日数回行う


筋肉を残して体脂肪を減らすには
効果的でしょう。
 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ボディメイクトレーナー)
ボディメイクスタジオCharmBody 代表

モデルボディメイク

2016ミスユニバースジャパン日本代表公式コーチ2016ミスユニバースジャパン日本大会BC講師。元ミスワールド日本代表ボディメイクトレーナー2016ミスインターナショナル世界大会公式パートナー

このコラムに類似したコラム

あなたの「これっ!」が見つかる!ボディメイクグッズ一覧 佐久間 健一 - ボディメイクトレーナー(2017/02/01 23:00)

あなたの「これっ!」が見つかる!ボディメイクグッズ一覧 佐久間 健一 - ボディメイクトレーナー(2017/01/28 18:00)

あなたの「これっ!」が見つかる!ボディメイクグッズ一覧 佐久間 健一 - ボディメイクトレーナー(2017/01/27 17:00)

「産経新聞」掲載 佐久間 健一 - ボディメイクトレーナー(2014/06/19 10:00)

肉、卵、乳製品、魚もダメ。なあなたの痩せ方 佐久間 健一 - ボディメイクトレーナー(2017/07/16 15:00)