住宅会社の欠陥責任★その8 - 経営戦略・事業ビジョン - 専門家プロファイル

堰口 新一
代表
東京都
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
西野 泰広
(経営コンサルタント)
長谷川 進
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2017年09月22日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

住宅会社の欠陥責任★その8

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営戦略・事業ビジョン
住宅会社の欠陥責任
「 住宅会社の欠陥責任はどこまで追及されるのか!? 」


前回は、最高裁が「不法行為責任」というものを

明確に定義づけて、高等裁判所に差し戻しを

行ったところまでをお話しました。


今回の裁判では、原告であるDさんは、

提訴後に、安全性に欠けている建物を、

封鎖しています。

よって、

死傷者などの人的な被害は発生していない。


最高裁が定義づけた、

「 基本的な安全性 」

にかかわる部分で、

生命や財産が危険にさらされる被害を受けたかどうか、

を重視する最高裁の判断は、

原告であるDさんを

財産という側面で、不利な方向へ導いた部分もある。


もともと、Dさんがこの建物を取得した目的が、

不動産投資だったから。

にもかかわらず、安全性という観点から、

建物を封鎖した。

人的な被害が起きてからでは遅いからだ。


不動産投資というものは、

こういったリスクも秘めていることを

忘れてはならない。


賃貸として、入居者が見つからないというのは、

所有者として一番のリスクではあるが、

安全ではない建物を経営し、

人的な被害が発生したときのリスクも

計り知れない。


そう、認識しておくことも必要である。


住宅会社の欠陥責任は次回へ続く。


Regressのホームページへ

ブログ:「建築サポーター・せきぐちしんいちのみんな笑顔になろうへ」