今年からこれを導入しました - バリアフリー住宅 - 専門家プロファイル

やすらぎ介護福祉設計 代表
埼玉県
建築家
048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

今年からこれを導入しました

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. バリアフリー住宅
アメブロより更新中

設計の仕事をしていると、机上だけでは解決できない数値などが出てまいります。


たとえば、人間の五感はそれぞれなので、同じ温度で暖かさ・寒さの違いが出たりします。



そこで現状を測るために色々な計測器を常備しており、


・非接触式温度計

レーザー照射先の温度を測れる


・騒音計

上階の歩行音や外部の騒音など数値として測定し、指標にできる


・含水計

壁や床などの湿気や、建築時の木材やコンクリートの含水率が測れる


・レーザー水平器

建物の傾き(特に床)を測れる


そして今年導入したのが「明るさを数値として指標にできる」 照度計です




照度計 デジタル式Lux(ルクス)表示 8720/EE factory← 



今日、届きたてですw


ちなみに事務所のデスクを測定したら、745ルクスでした。


JISの基準値はこちら ↓




補助ライトを使用して1200ルクスなので、作業するための明るさで考えれば、適正数値です。


福祉住環境において、部屋は転倒防止など安全重視によって明るいほうが良いとされてますので、測定は大切になりますね(^^)


カテゴリ このコラムの執筆専門家

(埼玉県 / 建築家)
やすらぎ介護福祉設計 代表

介護福祉のことなら何でも相談できる、ワンストップ型を目指して

医者に外科・内科等あるように、建築士にも介護福祉専門家がいてもいいと思いませんか?障がい者・高齢者や団塊世代が「終の棲家」としての住まいで安心して暮らせるサポートを致します。車いす使用などバリアフリー住宅や高齢者福祉施設などもご相談下さい。

048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「アメブロより更新中」のコラム

CSI:15をamazonプライムで(2016/12/11 00:12)

今年の語学状況(2016/12/10 00:12)

高血圧と生活習慣病(2016/12/09 00:12)

入院時の必需品(2016/12/07 00:12)