『重要判例とともに読み解く 個別行政法』、環境影響評価法、水質汚濁防止法 - 民事事件 - 専門家プロファイル

村田 英幸
村田法律事務所 弁護士
東京都
弁護士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:民事家事・生活トラブル

村田 英幸
村田 英幸
(弁護士)
鈴木 祥平
(弁護士)
東郷 弘純
(弁護士)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

『重要判例とともに読み解く 個別行政法』、環境影響評価法、水質汚濁防止法

- good

  1. 暮らしと法律
  2. 民事家事・生活トラブル
  3. 民事事件
不動産
重要判例とともに読み解く 個別行政法/有斐閣
¥3,570 Amazon.co.jp
亘理格・北村喜宣編著 『重要判例とともに読み解く 個別行政法』有斐閣(2013年4月)
各種の行政法分野の法律の概要、最高裁判例が簡便にわかる。
行政訴訟においては、原告適格、処分性、訴えの利益などが重要論
点となる。

○環境法
「環境影響評価法(アセス法)」
環境アセスメント法とも呼ばれる。
環境に影響を与える事業に関して「評価書」を事業者が行政庁に提
出する手続になっている。
この手続の特色は以下のとおりである。
事業者に環境配慮をさせる。...
処分権者に環境配慮情報を提供する。
市民参加の機会を与える。

「水質汚濁防止法」
排水基準、総量規制
上乗せ条例、横出し条例は許される。
地下水汚染対策
規制権限の不行使は国家賠償法上の違法性と評価される。

このコラムに類似したコラム