憎しみは愛情の裏返し? - 各種のビジネススキル研修 - 専門家プロファイル

下枝 三知与
NPO法人健康福祉実践協会(理事)CST コミュニケーションサポートチーム(代表) 
ビジネススキル講師/カウンセラー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ビジネススキル研修

鈴木 誠一郎
鈴木 誠一郎
(ビジネスコーチ)
明石 久美
明石 久美
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2017年04月30日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

憎しみは愛情の裏返し?

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. ビジネススキル研修
  3. 各種のビジネススキル研修

最近、夫婦間の離婚についてのご相談をよく受けます。


「夫婦喧嘩は犬も食わない」と昔から言いますが、悩んでいる当人にしてみると、常に心の中が安定しない、つらい日々を送ることになるのですから大変ですね・・・


かといって、第三者が間に入って仲裁しても、それが良い結果につながるとは限りません。

(ただし、客観的に物事を判断できる人がいてくれることは、双方が冷静になれるチャンスでもありますが)


夫婦というものは本当に不思議なものです。


血のつながりのない人同士が、結婚という儀式の日から「昔から知っている、同じ感覚を持つべき人」のように、お互いが勘違いするところから始まるような気がします。


それが月日を経て、家庭という歴史を作り上げていく中で、本当の親よりも身近で大切な存在になるわけです。


最近は離婚も結婚も、出産も生まない権利も、いろいろな形があってもよしとされています。


これは人としての人生を、それぞれが選択する権利があるということですね~


夫は妻をいたわり、妻は夫をいたわる。「お互い様」であるはずなのに、まだまだ日本では、男性が女性に甘えすぎているようです。


日本の女性は男性よりも我慢強いので、その甘えを許していると、それにまた輪をかけて男性が甘えてくる。

我慢の限度を超えると女性も黙っていないので、男性は驚いて時々意地悪をする場合もあります。


この場合の意地悪や悪態は「愛情の裏返し」と考えてもよいでしょう


もっと素直に甘えればいいのに・・・  そう感じる場面が多くあります。


これは甘えべた(私のように)の女性も同様のことが言えます。


「素直が一番」ですね















このコラムに類似したコラム

3.11東日本大震災から5年 小坂 淳 - ウェブ解析士マスター(2016/03/11 14:23)

上司次第で女性は確変する 飯田 祥子 - マナースタイリスト(2015/01/16 21:29)

おもてなしとホスピタリティ 飯田 祥子 - マナースタイリスト(2014/09/26 10:00)

ブライダル産業新聞社より取材・掲載 飯田 祥子 - マナースタイリスト(2014/09/19 10:00)

40歳から伸びる女性、40歳で止まる女性 飯田 祥子 - マナースタイリスト(2014/09/22 10:00)