借入金の借り換え - 税金全般 - 専門家プロファイル

林 高宏
林高宏税理士事務所 
鹿児島県
税理士
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

借入金の借り換え

- good

  1. マネー
  2. 税金
  3. 税金全般




事業主にとって頭の痛いこと

その第1位が資金繰りでしょう。



景気が上向いてきているという話を最近聞きますが、

周囲を見渡す限り、それどこの話?と思ってしまいます。



売上の減少に伴い、利益を確保するため経費削減に走ります。

次はリストラ。

役員報酬など往年の半分以下、

これが社長の給料というところもあります。



そういう努力をして、最後に行きつくところは銀行からの借り入れ。

銀行とうまいお付き合いができているところはいいのですが

この決算書の内容では、ご融資できませんと断られるところが

多いのが実情です。



そんな中、認定支援機関による経営改善計画をもとに、

銀行に返済の猶予をお願いする制度ができました。



しかし、マニュアルにある資料作成を素人が作るのは大変ですし、

認定支援機関も、多大な労力を使って、ダメだった場合、

報酬をもらえない可能性があるので2の足を踏みがちです。



先日、銀行の人と話をする機会があったので、聞いてみたのですが、

新設された制度を持ってきた人は、まだいませんとのことでした。



アベノミクスで様々な経済復興策が発表されていますが、

その効果は都市部に限定されているのが実情でしょう。



ところで、何の気なしに最近進出してきた銀行に

現在の借入金の状況を見せ、何か改善策がないか聞いてみたところ、

思いもよらぬ案を持ってきました。



懇意にしている銀行員にこの話をしたところ、

私も同じような提案をしたのですが、本部で通らなかったんですとのこと。

銀行によって、○の場合と×の場合があるのです。



今まで、政府系金融機関以外は地元の金融機関1行に頼ってきましたが、

鹿児島のような田舎でも、他県の銀行が進出してきて、

状況次第では、通りそうもない融資が通ったり、

返済条件を有利な方向で見直してくれます。



今後は、複数の銀行と付き合いをすることにより、

より有利な条件を探していく必要性を感じました。

これまでのように、ここ1行だけというのは、

時代に合わなくなってきているーそう痛切に感じたものでした。




このコラムに類似したコラム

住宅ローンの借り換えをした場合の住宅ローン控除 松本 佳之 - 税理士・公認会計士・行政書士(2015/12/24 18:19)

売却案件 調剤薬局 大黒たかのり - 税理士(2013/10/08 11:35)

不動産賃貸の難しさ 高橋 昌也 - 税理士(2013/07/30 07:00)

新規開業増加? 大黒たかのり - 税理士(2013/07/22 17:17)

物件としての魅力がどれくらいあるのか? 高橋 昌也 - 税理士(2013/07/25 07:00)