個人間の地代の支払いはキケン - アパート経営・物件管理 - 専門家プロファイル

渡邊 浩滋
税理士・司法書士 渡邊浩滋総合事務所 税理士 ファイナンシャルプランナー
東京都
税理士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:不動産投資・物件管理

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

個人間の地代の支払いはキケン

- good

  1. マネー
  2. 不動産投資・物件管理
  3. アパート経営・物件管理

税金をかなり勉強されている方から質問されることですが、

このような方法で、何とか所得を分散できないかということがあります。


それは、

建物は自分名義で、

土地の名義が子どもや配偶者さんとした場合に、

土地を借りていることの地代として、

子どもや配偶者さんに地代を払って

所得を分散しようということです


まず、この場合、

子どもや配偶者さんが同一生計親族であれば、

支払った地代を経費にできないし、

もらった方も経費にできません。

(所得税法56条)



それ以上に気を付けなければいけないのが、地代を払う場合に

権利金を払うか、

相当の地代(更地の相続税評価額の6%)を支払わないと

借地権をタダで手に入れたということで、

借地権相当額のみなし贈与課税で

多額の贈与税が課税されます。



最近、これについての判例が出ていましたので紹介します。


平成25年1月24日新潟地裁

①義父の所有していた土地に、婿名義の建物を建てた。

②しばらくタダで借りていたが、賃貸借契約に切り替えて

月7万円の地代(近隣相場程度)を支払っていた。

③借地権相当の贈与受けたということで、贈与税課税された。


ここでの判断は、

固定資産税額を大きく上回る地代を払っていたことで、

使用貸借契約(タダで借りる契約)に近似したものではなく

賃貸借契約であるため、借地権が発生すると認定しています。



個人間での地代は、権利金の支払いがない場合は、

①タダにする(固定資産税程度の地代の支払いならよい)

②相当の地代(更地の相続税評価額×6%)

のいずれかにしなければいけないということです。


中途半端な支払いで、思わぬ課税がされないようにしましょう



セミナーのお知らせ

「不動産屋は笑顔のウラで何を考えているのか」の著書の

大友健右社長でおなじみの

アルティメット総研さんとまたまたセミナーやります
前回好評だったので追加講演です。 http://www.ultimate-souken.co.jp/seminar/event/
日程 2013年9月29日(土)14時~16時
場所:新宿スバルホール
(東京都新宿区 西新宿1-7-2 スバルビルB1:地図


2013年10月12日(土)14時~16時
場所:新宿レガシィホール

(東京都新宿区 西新宿1-7-2 スバルビルB1:地図


2013年10月13日(日)14時30分~16時30分
場所:アットビジネスセンター池袋別館406号室(4F)

(東京都豊島区東池袋1-6-4:地図


お申込みはコチラです。 http://www.rakumachi.jp/info_seminar/show/1264
http://www.rakumachi.jp/info_seminar/show/1265
http://www.rakumachi.jp/info_seminar/show/1266

是非お越しください
 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

税務署からのお尋ね 渡邊 浩滋 - 税理士(2013/07/18 09:12)

新米大家VSおんぼろアパート赤鬼荘 渡邊 浩滋 - 税理士(2013/10/01 08:17)

相続とは~非嫡出子の相続分の違憲判決で思うこと~ 渡邊 浩滋 - 税理士(2013/09/28 12:20)

誕生日そしてセミナー 渡邊 浩滋 - 税理士(2013/09/13 12:51)

全国賃貸住宅新聞にセミナー記事が載りました。 渡邊 浩滋 - 税理士(2013/09/06 09:39)