お子様の勉強時間【量】を褒めてはいけません - 子供の教育・受験全般 - 専門家プロファイル

坪内 康将
独学指導者 
愛知県
塾講師
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

お子様の勉強時間【量】を褒めてはいけません

- good

  1. 育児・教育
  2. 子供の教育・受験
  3. 子供の教育・受験全般

2時間勉強した

4時間勉強した


努力は決して裏切らない

そう信じている生徒も多いと思います



しかし、

例えば、高校受験1ヶ月前に

「計算問題」「英単語の暗記」だけをひたすら勉強していても

合格はできません



例えば、定期テスト前に、

1~10まであるテスト範囲の3だけをひたすら勉強しても

満足いく結果は得られません



つまり

努力は決して裏切らない

ただし!

注:目的に合ったレベルの内容であること

注:効果測定をすること



これがあれば、あとは努力だけ!





というのが、


正しい

【努力は決して裏切らない】

です






よく「勉強は、まず時間を増やすことだ」と言われます


それは私も否定はしません


量をやっていれば、そこから質は上がっていく・・・


というのは、ごくわずかの人間です


それで変わっていく場合は、注にあった「効果測定があった」からです



例えば、5時間勉強した後で、誰かがテストをしてくれた


そのテストがあることで、「今の勉強が良かった」「今の勉強ではダメなんだ」とわかり質が向上する


ただ量を増やしても質は上がりません


だから「効果測定」が必要なのです






これを読まれている保護者の方は

2種類いずれかの悩みを持つ方が

多いかと思います



1つは「最低限のことやらない」という悩み



もう1つは「最低限のことしかやらない」という悩み




「最低限のことやらない」生徒が入塾した場合

私は最初に「最低限の量」を設定します


質はほとんど求めません


例えば

・学校のワークを毎週やってくる

・学校の宿題を毎日出す

・毎日、このワークを1時間やる


これは質は全く気にしなくていいです


それを求めるレベルにはない状態の子に「量も質も」求めてはいけません


ここでは「量のみ」で構いません

仮に、学校のワークに5時間かかろうが、15分で終わろうが、それでいいです


量への抵抗をなくすこと

何か新しい習慣をつけること


がまず大事なので、最初はそこだけに専念させます






そして

「最低限しかやらない」状態の生徒には

「その最低限やったもの」への質を求めます


学校の宿題をやった→できる?

学校の授業を聞いた→理解できている?

2時間勉強した→できる?


というように、効果測定を徹底します


そこでの結果を通じて、生徒自身も試行錯誤し、私も独学メソッドを教えて向上させていく


こうすると

「最低限しかやっていなくても、成績が上がる」


という、生徒からすると余分なワークなどをしなくていい理想的な状態になります



こうしておけば、受験勉強が入ろうが、検定を入れようが時間的に困りません

これが本当の意味での「ゆとり」だと思います








まとめとして、もう1度書くと


「最低限やらない」とお悩みの方は

最低限を習慣化させて、質は求めない



「最低限しかやらない」とお悩みの方は

効果測定のあるシステムをつくってあげる】

決して、勉強時間や量で評価してはいけません





塾屋は、お子様の現状に応じた指導をしています


私は、個別指導よりも個別【対応】こそ大事だと思います

それを生徒の段階に応じて分けていることで「どんな生徒でも・・・」を可能にしていると思います



個別指導よりも

個別【対応】をしている場所でこそ、

お子様は成長できます


愛知県西三河の方は、塾屋があります

公式HPをご覧ください→公式HPへ

このコラムに類似したコラム

先生は【アクションを起こした人】の味方!! 坪内 康将 - 塾講師(2013/09/08 12:53)

塾屋に入塾テストがない理由とは・・・ 坪内 康将 - 塾講師(2013/08/18 23:16)

極端な判断・その場しのぎが、子どもをダメにする 坪内 康将 - 塾講師(2013/07/03 17:29)

テスト対策は「時間だけ」かけても伸びない! 坪内 康将 - 塾講師(2013/09/03 22:58)