前世からのカルマとは何なのか? - コラム - 専門家プロファイル

池本 真人
Div Design Webサイトの一級建築士
東京都
Webプロデューサー
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

前世からのカルマとは何なのか?

- good

徒然日記

カルマというような言葉を耳にしたことはありますか?

業(ごう)とも言いますが、本来の意味は「行い」というようなことです。

自業自得というのは、自分のした行いが自分に返ってくるということになります。



ところが、これを別な意味で解釈される方がいます。

「前世からのカルマで…。」

と、今の自分の現状は全て自分の行ってきた責任なのにも関わらず、今生のことではなく、前世からのものだから仕方ない…というような解釈をします。



そういう考え方に対して、私はハッキリお伝えしたいんです。

「カルマなんていうものは無いんだよ!」と。



例えば、「カルマの浄化のために今生で良いことを積み重ねていきます!」と思ったとしましょう。

自分自身のカルマの浄化のため…というのであれば、それは全て自分のためにやっていることになりますよね。

別の言い方をすればエゴそのものです。



その考えには、ある危険性があるのです。

周りで道徳に反するようなことをしていた人がいた時、「あの人のカルマを浄化させてあげよう!」と、相手を殺してしまう…。

でも本人は本気で良いことをしていると思っているわけです。



前に松井さんとこんな話をしたことがあります。

【自己責任とスピリチュアルと魂の顕現】
http://ameblo.jp/mikatakakumei/entry-11253779885.html




誰かのせい、何かのせいにするスピリチュアルだとしたら必要ありません。

「ご先祖様の霊が…。」

「今年は運勢が悪いから…。」

「占いでこんな風に言われたから…。」



誰のせいでもない自分の責任なんです。

それを見つめ直さない限りは何も変わりません。



病気に関しても同じようなことが言えます。

心身一体が故に、体に出てくる症状は心の現れでもあるのです。



何かの重い病気にかかってしまったとします。

それを家系のせいにする…というようなこともあります。

本当に遺伝子のせいならば、全員が全員同じようになるでしょう。

でも、同じようにならない人もいますよね。



しいて言うのであれば、病気になるのは心の問題が大きいわけですね。

その心に何かを抱えた人に育てられたのであるから、子供も同じような症状を持って現れてきてしまう…ということもあります。



もちろん、体を酷使すれば疲れますし、食べ物の問題もあります。

全てが心だとは言いませんが、大きな関わりを持っているのは確かです。



「私が原因なんて認めたくない!」



そう思う気持ちもわかります。

ですが、誰かのせい、何かのせいにしていても自分が苦しいだけなんです。



「全ては自分の責任!」

と、全てを受け入れられた時、本当の意味で心が解放されて自由になれます。

心だけでなく体も改善し、周りの環境も変わっていくことがわかるでしょう。



「早く目を覚ませ!」

松井さんが仰っていたように、お釈迦様も同じ気持ちだったのだと思います。

針のムシロの上に座っていることに気付かなければ、自らの心身につく傷が深くなっていってしまいます。



ヒョイと横に降りてしまえばいいのですが、固執してしまって出来ない…。

それが人間の愚かさでもありますが、苦悩があるが故に気付くことが出来るんですよね。



「誰かのせいにしてないか?」

「何かのせいにしてないか?」

「本当は誰のために行動しているのか?」



見つめ直してみるのも良いのかもしれませんね。


※メールマガジンだけでしかお伝えしないお話しもあります!
見方革命家まーくのメルマガ登録はこちらです♪



このコラムに類似したコラム

二種類の恥 池本 真人 - Webプロデューサー(2012/12/07 08:00)

悪いことをすることと悪い人間であることは別です! 池本 真人 - Webプロデューサー(2012/10/23 18:03)

自分の芯は他人のために! 池本 真人 - Webプロデューサー(2012/10/14 10:36)

幸せな人生を歩むために必要な二つの目 池本 真人 - Webプロデューサー(2013/09/13 10:00)

仏陀の悲願とは何か? 池本 真人 - Webプロデューサー(2013/08/02 20:23)