「誰に買って欲しいかを決める」と売れる法則 - Web集客・売り上げ向上 - 専門家プロファイル

森 美明
スタジオパス 森美明 ホームページ集客アドバイザー
Webデザイナー
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「誰に買って欲しいかを決める」と売れる法則

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. Webマーケティング
  3. Web集客・売り上げ向上
こんにちは。
ホームページ集客アドバイザーの森です。

月曜日、3歳の長女が39度の熱を出しました。
火曜日には熱が下がりはじめ、夕方には走りまわっていました。
そして今朝起きると、また少し熱が・・・

ホントに。。。
今日一日、安静にしておきなさい!


さて、今日は決める事の重要性について書いてみます。

「商品が売れない」と悩んでいる人の多くは
その原因がどこにあるのかさっぱり理解できません。

わからないから値段を下げたり、
高い広告費を払って宣伝したりして、
利益をどんどん削っては逆に自分の首を絞めていくんですね。

値段を下げたところで、
結局は他店がより低い価格設定をすれば売れなくなる。

広告を出したって、
急に商品やあなたのお店が魅力的になる訳でも無い。

じゃあ、一体どうするのがいいのか?


お客様が商品を購入する時、どのお店で買うかも同時に決めています。
いや、どのお店で買うかだけを考えていると言ってもいいですね。

多くの人は、お客様が値段だけで購入を決めていると思ってますが実際は違います。

価格だけで選ぶ人もいますが、そうではない人もいる。

あなたが値引き販売をして利益を下げたく無ければ、
後者をお客様として選ぶだけで良いんです。

価格だけでは選ばない人に売ると決める。

そうすると、いろんな工夫が必要になります。

写真やキャッチコピー、それに商品説明。

とにかく、あなたが伝えたい事を目一杯伝える。
それも、あなた独自の方法があればなお良いです。

これらを充実させると不思議な事が起こります。

他店と違う事をしていると、

他店と違う物が売れてきます。
他店で売れない物が売れ始めます。
そして、あなたに似た人がお客様の中に増え始めます。

こういう体験を重ねる事で
「何を誰に売るか」を決めるだけで売れて行きます。

仕事で疲れたご主人の唯一の楽しみにどうぞ
キンキンに冷やしたビールを「プハーッ!」っと美味しく飲める陶器製ビアカップ



こんな感じ。

世の中にこんな人が1人くらいいるでしょ?

このコラムに類似したコラム

売れるサイトと売れないサイトの差はどこにあるの? 森 美明 - Webデザイナー(2012/11/12 12:43)

僕がホームページを見てもらうために勉強している事 森 美明 - Webデザイナー(2012/07/23 11:00)

選ばれるホームページはどこが違うのか? 森 美明 - Webデザイナー(2012/11/09 11:05)

上手くいかない理由はホームページ以外のところにある 森 美明 - Webデザイナー(2013/08/20 12:41)