顧客管理分析とCRM戦略3 - 経営戦略・事業ビジョン - 専門家プロファイル

藍原 節文
株式会社ファースト・シンボリー 代表取締役
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

顧客管理分析とCRM戦略3

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営戦略・事業ビジョン
顧客管理分析と販売促進戦略
今回は顧客管理分析の徹底と、顧客管理分析を有効活用した
CRM戦略の実施に関するまとめとして、CRM戦略を落とし込んだ
際に期待される効果に関して簡単にまとめていきます。

1.顧客の現状に合わせた適正なCRM戦略の実施により、
  顧客の購買行動が促進され、売上がUPする。


2.適正なCRM戦略の実施により、マス的な販促活動が縮小
  され、全体としての販促コストが削減され、利益の最大化
  が図られる。


3.顧客の企業(店舗)に対するロイヤルティがUPすること
  で、良いブランドイメージが定着し、客離れが減少する。
  また、既存顧客の口コミ・宣伝などにより、新規顧客開拓
  が図れる。


4.社員・スタッフが本業である接客・サービスに集中できる
  体制が整い、接客・サービスの質が向上する。


結果として、顧客管理分析を徹底していくことがきっかけとなり、
適正なCRM戦略が実施されることで、効果的な販促展開が実現され、
売上・利益が最大化されることとなります。