音楽の著作物の著作権に含まれる権利の種類 - 民事事件 - 専門家プロファイル

村田 英幸
村田法律事務所 弁護士
東京都
弁護士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:民事家事・生活トラブル

村田 英幸
村田 英幸
(弁護士)
鈴木 祥平
(弁護士)
東郷 弘純
(弁護士)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

音楽の著作物の著作権に含まれる権利の種類

- good

  1. 暮らしと法律
  2. 民事家事・生活トラブル
  3. 民事事件

第5 音楽の著作物の著作権に含まれる権利の種類

音楽の著作物に特有の支分権として、上演権、演奏権(著作権法22条)がある。

 

(複製権)

第21条  著作者は、その著作物を複製する権利を専有する。

 

(上演権及び演奏権)

第22条  著作者は、その著作物を、公衆に直接見せ又は聞かせることを目的として(以下「公に」という。)上演し、又は演奏する権利を専有する。

 

(上映権)

第22条の2  著作者は、その著作物を公に上映する権利を専有する。

 

(公衆送信権等)

第23条  著作者は、その著作物について、公衆送信(自動公衆送信の場合にあっては、送信可能化を含む。)を行う権利を専有する。

2  著作者は、公衆送信されるその著作物を受信装置を用いて公に伝達する権利を専有する。

 

(口述権)

第24条  著作者は、その言語の著作物を公に口述する権利を専有する。

なお、歌詞などは、言語の著作物にも該当する。

 

(譲渡権)

第26条の2  著作者は、その著作物(映画の著作物を除く。以下この条において同じ。)をその原作品又は複製物(映画の著作物において複製されている著作物にあっては、当該映画の著作物の複製物を除く。以下この条において同じ。)の譲渡により公衆に提供する権利を専有する。

2  前項の規定は、著作物の原作品又は複製物で次の各号のいずれかに該当するものの譲渡による場合には、適用しない。

一  前項に規定する権利を有する者又はその許諾を得た者により公衆に譲渡された著作物の原作品又は複製物

二  第67条第1項若しくは第69条の規定による裁定又は万国著作権条約の実施に伴う著作権法の特例に関する法律  第5条第1項  の規定による許可を受けて公衆に譲渡された著作物の複製物

三  第67条の2第1項の規定の適用を受けて公衆に譲渡された著作物の複製物

四  前項に規定する権利を有する者又はその承諾を得た者により特定かつ少数の者に譲渡された著作物の原作品又は複製物

五  国外において、前項に規定する権利に相当する権利を害することなく、又は同項に規定する権利に相当する権利を有する者若しくはその承諾を得た者により譲渡された著作物の原作品又は複製物

 

(貸与権)

第26条の3  著作者は、その著作物(映画の著作物を除く。)をその複製物(映画の著作物において複製されている著作物にあっては、当該映画の著作物の複製物を除く。)の貸与により公衆に提供する権利を専有する。

 

(翻訳権、翻案権等)

第27条  著作者は、その著作物を翻訳し、編曲し、若しくは変形し、又は脚色し、映画化し、その他翻案する権利を専有する。

 

(二次的著作物の利用に関する原著作者の権利)

第28条  二次的著作物の原著作物の著作者は、当該二次的著作物の利用に関し、この款に規定する権利で当該二次的著作物の著作者が有するものと同一の種類の権利を専有する。

このコラムに類似したコラム

音楽の著作物の定義 村田 英幸 - 弁護士(2013/11/20 16:17)

音楽の著作物、その1 村田 英幸 - 弁護士(2013/05/27 17:03)

音楽の著作物の公表 村田 英幸 - 弁護士(2013/05/27 17:04)

著作権法判例百選、映画の著作物 村田 英幸 - 弁護士(2013/12/09 14:04)

「原作品」に関する著作権法の規定 村田 英幸 - 弁護士(2013/11/06 10:33)