「物は考えよう」かもしれないです - 婚活全般 - 専門家プロファイル

八木 磨千子
ブライダル・フォーチュン 代表
東京都
婚活アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:婚活

舘 智彦
舘 智彦
(しあわせ婚ナビゲーター)
舘 智彦
舘 智彦
(しあわせ婚ナビゲーター)
舘 智彦
舘 智彦
(しあわせ婚ナビゲーター)
橘 凛保
(マナー講師)

閲覧数順 2021年07月27日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「物は考えよう」かもしれないです

- good

  1. 人生・ライフスタイル
  2. 婚活
  3. 婚活全般

男性とは、そういうものと考えれば「楽」かもしれません。

「そういうもの」とは?

話が、いきなり「ホルモン」の話になりますが、仕事が出来る、スポーツが出来る、投資が出来る、年収が高い、出来る男も女も「テストロン値」が、高いという。「テストステロン」というホルモンは、血中で男性を10とすれば女性は1の割合なのだそうです。何の役目?・・・強い、心臓、血管系、筋肉を発達させ、男らしい骨格を作る、男性的思考(?)、性衝動?などは少なからず「テストステロン」に関係しているらしいです。そうして、生殖能力の高い男ほどその値は高いので、強そうに見えそれを女性は本能的に探しているらしいです。ただその値が、高いと低いではそれぞれ「メリット」「デメリット」がある。それで、現実で女性は悩むのです。

A君は男らしい体格で強そう、自信もあり、頼りになる、でも・・・物言いが俺様だし、家庭的でないし、、、すぐ浮気しそうだし、私の事を大切にしてくれない。B君は、勉強家で落ち着いている、体格も華奢で優しい、浮気もしそうにない、、、でも、でも、男性的な魅力はないし、優柔不断でなんでも私が決めなくちゃいけなさそう、、、。「あちらをとればこちらがたたず」状態、悩みますね。

でも、どうでしょうか。物は考えようです。

例えば、言い換え言葉で「マイナス」を「プラス」に考えられます。

「太っている」→「「貫禄がある」

「うるさい」→「元気だ!」

「優柔不断」→「慎重派で譲れる」

「あの人とは気が合わない」→「価値観が違う」

そう考えれば大切な出会いが、一生の大切な伴侶となるでしょう

 

 

 

 

このコラムに類似したコラム

あきらめないこと 30代40代男性女性 再婚 小高 宣子 - 婚活アドバイザー(2011/12/28 10:00)

離婚経験者の男性 舘 智彦 - しあわせ婚ナビゲーター(2019/08/18 09:09)

熟年の独り者男性は性のはけ口からストーカー? 土井 康司 - 婚活アドバイザー(2014/01/20 11:13)

婚活レッスン~中身って? 人と人のご縁を繋ぐ 仲人/池津 和子 - 婚活アドバイザー(2013/12/13 10:00)