【最強ビジネスモデル】枠がない。 - 新規事業・事業拡大全般 - 専門家プロファイル

星 寿美
プラウドフォスター株式会社 代表取締役
東京都
経営コンサルタント
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

【最強ビジネスモデル】枠がない。

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 新規事業・事業拡大
  3. 新規事業・事業拡大全般

 【最強ビジネスモデル】  2013.03.29 No.0589
===========================

最近、特に様々な方から
「枠がない」
と褒めて頂けて嬉しいのだが。

この「枠がない」という状態は
身体を持って生きている限り
土台無理な話。

どんなに枠を外したと思っても
孫悟空がお釈迦様の手の平を
飛んでいるようなものである。

ただ、
強烈にキツイ枠の中で頑張っている人から見れば
ゆるく自由に生きている私の在り方は
「本当に枠がない」と、
自分と比較して感じるだろう。

私から見れば
もっと自由に生きている人は
いくらでもいる。

・・・そう、枠は比較でしか語れない。
また、枠という基準も人それぞれ曖昧なので
枠がない・枠を外す、と言う事を論じるのは
非常に難しいという面もあるし、そのこと自体に
フォーカスするのは枠の強化にすらなれ、
枠の中の窮屈感から逃れる役には立たない。

今日は、本当によく
「枠がないね」といい意味で言って下さる
ことが多いので、「枠」をテーマに書いているのだが、
実は私自身は、その「枠」という事に
フォーカスしていない。

枠なんてどうでもいい。

その結果、(だからこそ?)
多くの人が私と話して「枠がない」と
感じるのかも知れない。

  枠にフォーカスしている限り
  それは枠だから。

  意識しなければ無いのと同じ。

  枠の中でハマっていたら
  意識すら出来ないと言う状態も多い。

人間である以上、
枠の中で生きているのは当たり前。

それはたとえるなら魚が水の中にいるのと
同じで、水の中にいるからこそ自由に
泳ぎ回れるけれど、鳥のように大空を
飛び回りたい。
そう出来ないのは不自由だと思えば
自由を求めて水の外に出ることは出来る。
しかしながら魚である限り、それは一瞬で、
水の無い環境では生きていくことも出来なくなる。

だから、そんな事を一切気にせず
自分のまま、自分自身で生きればいい。

そして、枠を感じたら、
その枠を楽しむのも、離れるのも、
新たな枠を創造するのも、
枠を意識しない事も、
結局は自分自身が決めている。

だからこそ、自分の居心地のいい枠の中で
生きればいいだけのこと。

枠の有無にフォーカスすること自体ナンセンスでは。
何故なら、楽しく伸び伸びと生きられれば
枠の中でも外でもそのことは問題ではないのだから。

___________________________
■今日のまとめ

・人間である以上、
 枠の中で生きている。
 自分のまま、自分自身で生きれば、
 枠の有る無しなど気にはならなくなる。

---------------------------

このコラムに類似したコラム

【最強ビジネスモデル】自分の課題を解決したいだけ。 星 寿美 - 経営コンサルタント(2012/07/17 09:59)

【最幸ビジネスモデル】社会には雰囲気がある。 星 寿美 - 経営コンサルタント(2013/12/10 09:23)

【最幸ビジネスモデル】季節があるようにタイミングもある。 星 寿美 - 経営コンサルタント(2013/11/25 10:25)

【最幸ビジネスモデル】楽しく仲良くね。 星 寿美 - 経営コンサルタント(2013/11/01 10:34)

【最幸ビジネスモデル】誰でも持っている表現力を。 星 寿美 - 経営コンサルタント(2013/10/15 09:13)