土地の調査⑦~役所調査(施設の調査) - 不動産売買全般 - 専門家プロファイル

森田 芳則
特建開発部 部長
不動産コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:不動産売買

真山 英二
真山 英二
(不動産コンサルタント)
徳本 友一郎
(不動産コンサルタント)
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2017年12月16日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

土地の調査⑦~役所調査(施設の調査)

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 不動産売買
  3. 不動産売買全般
不動産に関する調査(土地)

土地の調査⑦~役所調査(施設の調査)

行政的に規制が設けられた法令上の制限に加えて、私達が実際に生活をする上の利便施設として電気、ガス、上水道、下水道等が挙げられます。この内、上水道と下水道は基本的に市区町村単位の役所が管理をしています。


各自治体によって窓口が一つの役所の中にある場合と分かれている場合があります。例えば、東京23区内の下水道は都庁内で全区域の調査確認ができますが、市部では役所内の下水道課等で確認をします。
上水道については各地区単位の水道局で調査確認ができますが、一部の市部や他の地域では水道課等の置かれている庁舎が各自治体により異なりますので事前に確認が必要です。

下水道課の窓口では、下水道本管の口径や経路と雨水の処理方法並びに敷地への引き込み状況が確認できるようになっており、上水道課の窓口では上水道本管の口径や経路及び敷地への引き込み状況が確認
できるようになっています。しかし、一部の地域では上水道、下水道共に私設管を敷設している場合もあり、役所の管理下におかれていない場合は役所調査ができないことも生じてきます。


尚、同じ生活上の利便施設である電気は電力会社、都市ガスはガス会社が地域ごとに独占的に供給しています。とりわけ都市ガスについては、上下水道と同じく本管口径と引き込み状況を確認することが可能となっています。

このコラムに類似したコラム

中古住宅の売却 信戸 昌宏 - 建築家(2013/12/16 12:00)

拙著「不動産の基本を学ぶ」発売されました! 畑中 学 - 不動産コンサルタント(2013/07/02 18:01)

A133.築1年、分譲のパークリュクス恵比寿が狙い目です。 大槻 圭将 - 不動産業 不動産コンサルタント(2013/05/16 15:46)

建物の調査④~中古建物 森田 芳則 - 不動産コンサルタント(2013/03/15 19:20)