「相手軸な叱り方」④叱られたい、叱られたくない - 各種の人材育成 - 専門家プロファイル

松下 雅憲
株式会社PEOPLE&PLACE(ピープルアンドプレイス) 代表取締役
東京都
店長育成・販売促進ナビゲーター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:人材育成

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「相手軸な叱り方」④叱られたい、叱られたくない

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 人材育成
  3. 各種の人材育成




※クリックして人気ブログランキングへ


人材・教育業 ブログランキングへ



「私は、叱って欲しいんです。その方がはっきりと良い悪いがわかるから」

「私は、叱られるのはイヤだな・・・。否定されているようで、悲しくなるから」


人によって、「叱られる」効果が高い人、逆効果の人、色々です。

最近流行の「ほめる」も同様です。

ほめられることによって、パワー倍増でぐんぐん伸びる人もいれば、

甘えてしまって、気を抜きまくる人もいます。


しかし、これは「叱る」や「ほめる」の問題では無く、

「叱り方」「ほめ方」の問題の様に思います。

「叱る」にしろ、「ほめる」にしろ、相手の立場に立って、相手がして欲しいように

「叱る」「ほめる」をすれば、必ずモチベーションは上がります。


「相手がして欲しい」というのは、「さぼりたい」とか「手を抜きたい」ではありません。

「やり遂げたい」「成果を出したい」「認められたい」「頼りにされたい」と言うことなのです。

人の基本的な「承認欲求」を無視して、いいかげんに「叱ったり」「ほめたり」するから、

間違った効果が出てしまうのです。


ほめ達の西村貴好さんはその著書の中で「相手が調子に乗るくらいほめていますか?」

と言われています。

「叱る」でそれを置き換えると「相手が、調子に乗って頑張るくらい叱っていますか?」

と言うことなのです。


私達には、日々「叱る」必要があるシーンやタイミングが訪れます。

その時に、自分の感情のままで、叱っているとそれは、相手に取っては

「このひと、何か、怒ってるな~」

「うわ~怒ってるぞ、怖い、、嫌だ、逃げ出したい!」

と言うことになります。

肝心なことは伝わりません。


勿論、シーンやタイミングで「叱り方」は変わりますが、

まずは、相手に取って効果的な方法で叱らないと、意味がないのです。

その為の第1ステップは、

「相手は自分とは違う。十人十色である。」と言うことを理解する事です。


冒頭の様に、「叱られたい」という人もいれば、「叱られたくは無い」人もいます。

「叱られたく無い人」は、少し叱られても「悲しい感情に支配」されてしまいます。

「叱られたい人」は、怒っていてもそこから学ぼうとします。


これは、甘えているとか自分に厳しいとか、お互いの信頼関係の有無の問題、

と言うよりも、相手の性格や捉え方の違いだと考えた方が良さそうです。

まずは、その違いを受け入れないと、どんなに気を遣って伝えても、ほとんど効果がありません。

「叱られたくない」タイプの人には、「叱ること」「否定すること」「間違いを指摘すること」

は、「指摘する」のではなく「自分で気づく」方法の方が効果的なのです。

※これについては、また別の機会にお話しします。


一方、「叱られたい」人は、いくら叱っても、それはアドバイスとしか受け取りません。

相手の言葉に愛情があろうが無かろうが、どんどん受け入れます。

なので、多少の言い間違いや感情をぶつけても、さほど大きなギャップは生まれないのです。

もちろん、これには、そのように振る舞おうとしている人もいますので、ややこしいのですが、

それもまた後日の機会に廻します。


では、今日はここまで。

今日お話ししたかったのは、「相手は自分とは違う。十人十色である。

叱られたい人もいれば、叱られたくない人もいる」と言うことをまず理解する事が大切。

と言うことです。

明日以降、もう少し掘り下げて行きますね。



いつもお読み頂きありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。こちらのアイコンをクリックして応援よろしくお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ


人材・教育業 ブログランキングへ


応援、ありがとうございました!


「相手軸コーチ:松下雅憲」への講演依頼・セミナー依頼・コンサルティング相談につきましては、

こちらへ

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

http://www.peopleandplace.jp/


「相手軸コーチ:松下雅憲」って、どんな人?を知りたい方は、AllAbout Profile

こちらへ

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

http://profile.ne.jp/pf/peopleandplace-matsushita/

 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

「相手軸な叱り方」㉚「もっと良くなるために」叱る 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2013/02/25 05:49)

「相手軸な叱り方」㉔目は口ほどにものを言う 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2013/02/19 10:47)

「相手軸な叱り方」⑥承認から始める叱り方 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2013/02/01 07:52)

「相手軸思考発見」⑪「お節介」も良いもんです 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2013/01/08 06:07)

「相手軸思考発見」⑨クビにしなくてよかった 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2013/01/06 05:33)