植森 宏昌(ファイナンシャルプランナー)- コラム「インフルエンザ検査・コロナ検査等について」 - 専門家プロファイル

植森 宏昌
お客様との信頼関係を大切に!一生涯の安心と満足をご提供

植森 宏昌

ウエモリ ヒロマサ
( 大阪府 / ファイナンシャルプランナー )
有限会社アイスビィ 代表取締役
Q&A回答への評価:
4.3/89件
お客様の声: 2件
サービス:11件
Q&A:304件
コラム:504件
写真:23件
お気軽にお問い合わせください
0120-961-110
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼
専門家への資料の請求は、こちらからお問い合わせください。
資料の請求

インフルエンザ検査・コロナ検査等について

- good

ライフスタイル ライフスタイル 2020-03-09 14:32
私のお客様のドクターからのチラシです。これが医療現場の現状です。国は安易な話しを発表しないで欲しいものです。

現在、ご存知の通り新型コロナウイルス感染が急速拡大しております。
この状況下におきましては、当院ではインフルエンザ検査や溶連菌検査は当分の間、基本的に控えさしていただきます。
理由は、知らない間にコロナ感染をしている方に不用意にインフルエンザ検査等をした場合、院内にコロナウイルスが飛び散り、院内感染を引き起こす可能性があるからです。
待合で待っている赤ちゃんやお年寄りにも感染をさせてしまうかも知れないのです。
しかし検査をしなくてもインフルエンザ等の診断は医師が実際に診察をし、様々な状況から判断し、必要があれば抗インフルエンザ薬等を処方致しますのでどうかご安心下さい。

また近い将来新型コロナウイルスの検査が各診療所レベルで可能となったとしても現時点では新型コロナウイルスの検査は当院では考えておりません。
理由は診断の精度が低いこと、マスク・ゴーグル・ガウン等を国立感染症研究所から出ている感染管理ガイドラインに従った形で装着し、お一人お一人全て医師が着替えをしながら検査を行わないといけないこと、問診・診察・検査・レントゲン・採血・ガウンの着脱等にお一人約40分を要し、その間他の患者さんもほぼ同じ空間にいること等です。
また着替える際にはセーフテイーゾーンで手順に従って丁寧にガウン等を脱いで安全に処理をしないといけないことになっておりますが現在当院にはそのようなスペースもありません。
写真の様な恰好で検査を行うことになりますが、一般のクリニックでは出来ない検査である事をどうかご理解下さい。
但し、どうしても検査が必要な場合には保健所等に連絡し検査を受けていただくこととなりますがパンデミックになってしまった場合には病院の感染症ベッドにも限りがありますので各自免疫力をしっかり上げておいて下さい。
今回の新型コロナウイルス感染は、まだまだ未知な部分もあり、ワクチンも治療方法も確立していませんが、基本的には手洗い、人込みを避ける他、睡眠・運動・栄養(亜鉛・ビタミンA C D E K オリーブ葉 α-リポ酸 タンパク質等)が大切です。
現時点での見解は以上です。今後、常に情報は変化して行きます。その都度情報提供はして行きますのでよろしくお願い致します。                  
                   院長
プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスサービスQ&Aコラム写真