大澤 眞知子(カナダ留学・クリティカルシンキング専門家)- コラム「「カナダ高校留学」についてのFrequently asked questionをご紹介」 - 専門家プロファイル

大澤 眞知子
カナダにいらっしゃい!

大澤 眞知子

オオサワ マチコ
( カナダ留学・クリティカルシンキング専門家 )
Super World Club 代表
サービス:1件
Q&A:114件
コラム:1,323件
写真:1件
お気軽にお問い合わせください
※ご質問・相談はもちろん、見積もりや具体的な仕事依頼まで、お気軽にお問い合わせください。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

「カナダ高校留学」についてのFrequently asked questionをご紹介

- good

留学 大学・高校正規留学 2022-06-23 09:50

「子供がカナダ高校留学を希望しています。エージェントが***を勧めてくれたのですが、調べても余り情報がないので決めかねています。この学区(高校)をどう思われますか?」 

頻繁にいただく質問です。

「この学区をどう思いますか?」「この地区はどうですか?」

 

この類の質問でいつも不思議なことがあります。

 

エージェントに勧められたということは、ある程度信用出来そうということでコンタクトを取ったエージェントですよね。

勧められた高校について根堀葉掘り質問はしないんですか?

自分で調べて余り情報がない。。。と困るより、勧めた超エージェント超本人に聞かないのはどうしてでしょう。

 

私がカナダから発信している「カナダ高校留学の実態」ebook並びにコラムなどを読んで、何を理解していただいのかなと疑問に思います。

私が発信している何を信頼してくださったのかな、と。

 

高校留学が機能しないのは、地域や高校だけの問題だけでないことはコラムやebookを読まれたら一目瞭然なのですが、そこは余り考慮されていないですね。

「この高校ならましですよ。」と私が言えば、どんな高校生でもうまく行くと思っているのでしょうか?

 

このようなご相談にまず差し上げるアドバイスは「カナダ高校留学アセスメント」を受けること、です。

UX Englishから提供しており、カナダ政府の規定に従い評価をするテストです。

 

高校留学の是非も、地域も学区も高校も、すべて現在の留学希望本人の学力・英語力次第です。

そこから詳しいアドバイスをしますよと、提案します。

誰にでも合う学区・高校など存在しませんから。

 

そこからの返信がある方はいい方で、普通通信は途絶えます。

「ありがとう」もありません。

 

とにかく「高校留学ありき」なのかな。

「その高校がいいかどうかだけ教えてくれたらいいんです!高校留学をすることはもう決めているんですから!!」というのが本音かな?

 

その場合は、私の出番ではありませんね。

 

高校留学の実態を知った後でも、何が何でもその中に子供を送り出すのなら、それなりの覚悟が親にも子供にも必要です。

カナダのGrade10に届く学力をつける準備は必須です。

カナダクラブから気合を入れて本物の実力をつけるヘルプも出来ます。

また、エージェントに騙されないように、自分自身でカナダと交渉をするプロセスもお手伝いするケースもあります。

 

しかし、「高校留学ありき」で「いい高校さえ教えてくれたらそれでいいです。」には、手出しが出来ません。

エージェントに騙されて、カナダの実態に衝撃を受けて下さいとしか言えません。

 

「うちの子は大丈夫と思い送りましたが、大澤さんの言っている通りでした。」

このような連絡も頻繁にいただきます。 心が痛いです。

 

実際にこのカナダでどんなことが起こっているのか知らないまま「子供が行きたいと言うんです。」に急かされてというパターンが随分多いと感じています。

危険ですね。

エージェントのサイトを見ると「カナダは正常に戻っていますよ。」という無責任な煽りがありますが、「何を持って正常」というのか、賢明に判断なさることをお勧め致します。

 

カナダ社会は、未だパンデミックの影響は多く残っており、決して以前に戻ったということはありません。

また、パンデミック中の様々な社会の軋轢から、人々の不満が爆発しそうになっており、多民族国家としても分断されたカナダは、決して日本からの未成年を暖かく迎えてくれる場所ではありません。

 

学校も、パンデミックの教育不全の影響が随分とあり、まずはカナダ自国の生徒をどう教育しているかに集中しているのが現在です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

最後に。

 

「子供がカナダ高校留学を希望しています。エージェントが***を勧めてくれたのですが、調べても余り情報がないので決めかねています。この学区(高校)をどう思われますか?」

このパターンの問い合わせで出てくる***(学校名、学区名)にはショックを受けることが普通です。

 

わざわざここですか?

こんな所を勧められたんですか?

 

と、エージェントの汚さに怒りさえ感じます。

あるエージェントのサイトを見ると、「ここには絶対行かないように」とリストアップしたい学区と学校が並んでいます。

社会的に不穏な地域であったり、留学生の掃き溜めのような場所であったり、地元高校生に不人気な所だったり、ランキングでも恐ろしく低い高校であったりの高校や学区です。

エージェントにリベートを払ってまで高校留学生の授業料を当てにせざるを得ない学校のオンパレードです。

 

ということで、このFrequently asked questionへの答えは

「エージェントがいいですよ〜と勧める学校には行かないこと」

これですね。

日本でも、「この高校には。。。」という学校がたくさんあると思いますよ。

そんな高校をを勧められたと考えて下さい。

 

ご自分で調べてみたい方は、下記のリンクからかなりの情報が見えますので。

Fraser Institute

 

着実な準備をし、カナダ大学進学を目指す真面目な高校生・中学生のみなさん。

いつでもご相談下さい。

丁寧にアドバイスさせていただきます。

 

カナダには大学からいらっしゃい!

_______________________

「カナダ大学正式留学」eBook 

カナダ大学留学準備講座  Canada Club

「カナダ高校留学実態総集編」eBook 

「カナダ高校留学アセスメント」テスト

カナダ発日本人のための本格的英語学習サイト UX English 

わかりやすいクリティカルシンキング講座

Podcast [カナダにいらっしゃい!] 

プロフィール対応業務経歴・実績連絡先・アクセスサービスQ&Aコラム写真