大澤 眞知子(カナダ留学・クリティカルシンキング専門家)- コラム「(2/19)カナダCovid情報- 強制隔離と荒れる社会」 - 専門家プロファイル

大澤 眞知子
カナダにいらっしゃい!

大澤 眞知子

オオサワ マチコ
( カナダ留学・クリティカルシンキング専門家 )
Super World Club 代表
サービス:1件
Q&A:114件
コラム:1,191件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
※ご質問・相談はもちろん、見積もりや具体的な仕事依頼まで、お気軽にお問い合わせください。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

(2/19)カナダCovid情報- 強制隔離と荒れる社会

- good

留学 大学・高校正規留学 2021-02-20 06:16

1.2月22日以降カナダ入国には3日間の政府指定施設での強制隔離が必要、費用は自己負担(約$2,000)


到着後のPCR検査で陰性結果が出るまでの強制隔離

どのような隔離生活が予想されるかはコラム「(2/9)カナダCovid留学現状-政府隔離ホテルは監獄みたい」 


これでも未だに未成年留学生を無理にカナダに入国させようとしているエージェントがいます。

「来るな」というカナダ政府の意思表示であることも無視し、大混乱中のカナダに送ろうとしていることに怒りを覚えます。

みなさん、特に高校留学を予定している方はくれぐれも騙されないように。


カナダ政府は隔離に使用するホテル名を公開しました。

詳細はこちら


2.オンタリオ州はStay Home命令延長決定


3.アジア人へのHate Crime異常な増加


中国への嫌悪感から起こるアジア人へのHate Crimeは、特にバンクーバー地域ではなんと717%増加しています。

罵声を浴びせられたり、付きまとわれたり、突き飛ばされたり、殴られたり、執拗に言葉の暴力を受けたり、チャイナタウンでの破壊行動などが主ですが、被害にあった人たちには障害トラウマが残る醜い攻撃です。


このような攻撃をする低級な白人たちは、中国人も日本人も区別がつきませんので、十分注意し行動することが必要。

危ない場所には行かない。ひとりでは出歩かない。暗くなったら外出しない。


本当にこんな所に子供を送りますか? 高校生を送ろうとしている親のみなさん。


4.Coquitlam School District内の高校で人種をめぐる深刻な事件


生徒が関与する深刻な事件があり警察が関与

"racially-motivated incident" involving its students と報道されています。


未成年を含む事件であることから詳細は公表されていませんが、コキットラム学区は相当深刻にとらえています。

"We are addressing this situation using a multidisciplinary approach and protocol, which includes RCMP and other community partners."


コキットラムにはアジア各地からの高校留学生がわんさかいます。

また韓国人が多く住む地域でもあり、もし未だ日本人高校生が残っているのであればかなり心配です。


5.野生動物たちが人間を攻撃


コロナで疲弊しているのは人間だけではなさそうです。

バンクーバーダウンタウンのすぐ鼻の先にある有名なスタンレーパークでコヨーテに襲われる件が続出。

なんと15件も報告されています。

ジョギングする人が多い公園ですが、現在は近寄らないよう警告されています。

住宅地でも野生動物が徘徊することが多くなり危険です。

お腹のすいたコヨーテなどが小さなペットを狙って歩き回る姿も見られます。

  

6.すさんだ人間たちは、毎日殺し合い、殴り合い


特に危険なサレー・ラングレーでは毎日のように銃撃事件・殺人が起こっています。

ギャングがらみの事件がほとんどですが、車に押し込まれそうになった女子高校生など、周りを巻き込む悪質な事件も増加中。

Sex workerが犠牲になる殺傷事件も起こっています。


Anti-maskを唱える輩もますます暴力的になり、あるジムでは「マスク非着用」を咎められた男がいったんは帰ったものの、引き返して来た後、職員に暴行を加え怪我をおわせています。

この類の事件で騒動を起こしているのはほとんど白人のようです。


このような白人がアジア人を見ると鬱憤晴らしとして暴行するのかも知れません。


この地域に留学中の人は、くれぐれも注意して下さい。

______________________________ 

カナダからの良いニュースを発信出来るようになるのは一体いつになるでしょうか。


Mediaからのニュースを引用しながら、日本の親子にカナダの現実情報を届けていますが、どうしてもエージェントの「大丈夫ですよ〜の大嘘」を信じてしまう傾向を憂えています。

現在未だ高校留学中の日本の未成年も、危機意識の欠如が甚だしく、何か起こってからでは遅いのにとこれも心を痛める毎日です。


「自分の信じたい情報のみを拾い、あら、大丈夫じゃないの。」と思う人を止めることは出来ませんが、がっかりしますね。 

じゃぁと、こんなメッセージを。


You don’t have to believe me if you don’t want to.

Just listen to me, and YOU decide.

________________________________________________________________

わかりやすいクリティカルシンキング講座

Canada Club(New Normal 大学・高校留学)

「カナダ高校留学実態総集編」eBook ダウンロード

「クリティカルシンキングがわかる」eBookダウンロード

日本人のためのエッセイ・クリティカルシンキング学習サイト UX English 

Podcast [カナダにいらっしゃい!] 

プロフィール対応業務経歴・実績連絡先・アクセスサービスQ&Aコラム