大澤 眞知子(カナダ留学・クリティカルシンキング専門家)- コラム「英語のライティングの勉強で得られる効果について教えてください。」 - 専門家プロファイル

大澤 眞知子
カナダにいらっしゃい!

大澤 眞知子

オオサワ マチコ
( カナダ留学・クリティカルシンキング専門家 )
Super World Club 代表
サービス:6件
Q&A:113件
コラム:714件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
※ご質問・相談はもちろん、見積もりや具体的な仕事依頼まで、お気軽にお問い合わせください。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

英語のライティングの勉強で得られる効果について教えてください。

- good

英語学習方法 英語でエッセイを書く 2019-01-09 07:56

英語の勉強法への問い合わせに「ライティング」が入って来たのは、日本人の英語認識が変化して来た証拠でしょうか。

この流れが加速すれば、日本人の英語能力もやっと向上するかもと期待し、回答致しました。


【質問】 

英語のライティングの勉強について得られる効果について、教えてください。



英語の四技能のうち、ライティングがあまり話題に上らないように思うのですが、なぜでしょうか?

ライティングを勉強することによる効果って、結構あるのではないかと思うのですが。



日本人の英語学習において、リーディングやリスニングは重視されていると感じますし、スピーキングも英会話教室などが沢山あるので、学びやすいのではないかと思います。

でも、ライティングはあまり学ぶ場所がないように感じます。教えられる先生が少ないからですか?
それとも、日本人はライティングにあまり興味が無いのでしょうか?


私は、ライティングの勉強をすると、スピーキングやリーディングの勉強にもなり、英語力の向上に繋がるんじゃないかと思って興味があります。


ライティングによって得られる効果について教えて頂きたいです。


【回答】 

とても良い質問ですね。

日本のみなさんが皆同じような疑問を持ってくださると、英語をはるかによく理解出来るようになると思います。


日本で38年間Writing を基本にしたクリティカル・シンキングを指導し、現在英語ライティングの本場カナダ在住です。

カナダの高校以上のレベルに必須のクリティカルシンキング理解には、ライティングを基本から訓練することが必須です。

つまり、日本から英語圏に留学する人にはもちろん、日本国内で受験をする人、将来英語を使う仕事につく人、すべての人に英語のライティングは必修ですね。


その理由は:


1.英語のエッセイライティング(初級から上級まで)は、論理的・具体的・客観的・科学的・批判的思考が基になります。

その論理的・具体的・客観的・科学的・批判的こそがクリティカルシンキングであり、英語圏の社会全体に存在する考え方です。

日常の、友達との会話にも、コンビニでの会話にも、学校でのディスカッションにも、ビジネスのプレゼンにも、あらゆる分野で必要な考え方です。

英語は、この考え方をしゃべっていると言っても過言ではないですね。


例えば、初級のまず第一歩であるレベルのエッセイを書くとしても、このような過程をたどります。

I want to go to Vietnam. というテーマのエッセイを書くとしましょう。


このテーマを説明するためには、論理的につながる大体3つの理由が必要です。

1) I want to hear and speak the Vietnamese language.

2) I love Vietnamese food.

3) I am interested in the people.


それだけでは不十分なのが英語の思考です。

これらの理由を具体的に説明する実例が絶対必要です。

1) I want to hear and speak the Vietnamese language.

  - soft 


  - gentle

2) I love Vietnamese food
 - pho noodles
.

  - dumplings


  - fruit

3) I am interested in the people
.

     - friendly 


     - ethnic groups


これらのプランを、正しい文法、適切な語彙を使い書いていくのが英語のエッセイです。

理由がひとつでも、論理的一貫性に欠けるとエッセイは成り立ちません。

実例のひとつでも、具体性に欠けるとエッセイにはなりません。


この英語の論理性を理解出来、簡単明確しかも正確な文法でエッセイが書けるようになると、英語でのコミュニケーションレベルがかなり上がるのを実感出来るはずです。


2.日本人の英語勉強法の一番痛い勘違いは、「フレーズ・単語暗記」です。

そんなものを何万語暗記したとしても、英語の考え方は理解出来ません。


英語の思考法を理解しないと英語はわからない。

          ⇩

英語の思考法は暗記では理解出来ない。

          ⇩

英語の思考法は、考えて考えて自分のアイディアを論理的・具体的・客観的・科学的・批判的に表現する訓練を経て初めて理解出来ます。

          ⇩

その論理的・具体的・客観的・科学的・批判的表現法の一番効果的な練習が、英語ライティングです。

 

現在、カナダからオンラインで英語エッセイ特訓を行っています。

かなり山あり谷ありですが、小学生から社会人の方まで、カナダの刺激的な空気に触れながら頑張って練習中です。

興味のある方はこちらから。

無料体験も可能です。



Good Luck!



カテゴリ 「英語学習方法」のコラム

カテゴリ このコラムに関連するサービス

メール相談 英語エッセイーカナダからオンライン指導無料体験

エッセイの本場カナダからのオンライン講座ー無料体験版

料金
無料

多くの日本人生徒をエッセイの達人に育てたカナダの専門家Robert McMillanが、オリジナルプログラムをオンライン化。 基本をひとつづつ理解している過程を無料体験出来ます。

英語エッセイーカナダからオンライン指導無料体験
プロフィール対応業務経歴・実績連絡先・アクセスサービスQ&Aコラム