大澤 眞知子(カナダ留学・クリティカルシンキング専門家)- コラム「防弾盾をバックパックに入れ登校するアメリカの子供たち」 - 専門家プロファイル

大澤 眞知子
カナダにいらっしゃい!

大澤 眞知子

オオサワ マチコ
( カナダ留学・クリティカルシンキング専門家 )
Super World Club 代表
サービス:5件
Q&A:110件
コラム:621件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
※ご質問・相談はもちろん、見積もりや具体的な仕事依頼まで、お気軽にお問い合わせください。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

防弾盾をバックパックに入れ登校するアメリカの子供たち

- good

留学 大学・高校正規留学 2018-06-07 02:27

これでもアメリカに留学したいですか?

 

ペンシルバニア州の8年生が学校からプレゼントされたものとは?

バックパックに収納出来る、防弾盾。

(New York Timeより)


 

学校に銃乱射が始まった場合の訓練が日常茶飯事のアメリカ。

学校に行く前に「今日は死にませんように。」と祈りながら家を出る生徒。

学校が怖くて行けない生徒、行かせたくない親が、ホームスクーリングを選択する割合がうなぎのぼり。

 

公立学校への予算が哀れなほど乏しいアメリカでは、私立に行かなければまともな教育が受けられない。

公立高校の教師、授業、生徒レベルは末期的。

 

そして、このプレゼント。

 

インターネットの相談コーナーでは未だにアメリカ留学希望の相談が多い多い。

本当に世界をわかっているのかな。

 

貧富の差、貧困率の異常に高いアメリカで、経済的なピンチの真っ只中にある教育レベルの低い白人家庭にホームステイし。

授業が機能していないアメリカの学校に通う。

学問レベルなどどころか、英語レベルも日本の高校生の方がはるかに高い、日本人留学生。

 

留学生ならまだ、自分で選んだ自業自得。

アメリカに進出する日本企業のせいで親の駐在と銘打ち、無理矢理そんな危険なレベルの低い学校で数年過ごす日本の子供は危機的状況にいます。

 

どうやって銃乱射から身を守るかを学べるのがプラス?

 

もし、防弾盾をプレゼントされたら。

 

これがアメリカの現状です。

 

Watch Out!

カテゴリ 「留学」のコラム

カテゴリ このコラムに関連するサービス

メール相談 Canada Club - カナダ留学準備コース

カナダの新しい留学モデルを経験するための準備コース(体験)

料金
11,000円

英語の基本勉強及びクリティカルシンキング指導。 カナダ教育課程に沿い特にReading/Writingのスキルをチェック。
Big History Project, Computer Science の基本も希望者には指導。

 このコースを10日間体験出来ます。

Canada Club - カナダ留学準備コース
プロフィール対応業務経歴・実績連絡先・アクセスサービスQ&Aコラム