年金のみ両親の扶養について - 税金 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

年金のみ両親の扶養について

マネー 税金 2016/12/04 15:08

個人事業主の主人が年金暮らしの両親を扶養家族にしようと考えています。両親の年金受給額は二人合わせて253万になります。
二人とも後期高齢者であるため健康保険は扶養にはできませんが、所得税の控除対象になりますでしょうか?(市県民税は?)
両親ともに仕事はしていないのでこの年金だけが収入となります。
180万円以内でないと扶養家族にできないと聞いたことがありますが、年金だけの収入も対象だと我が家の場合も扶養にできないということでしょうか?
また、現在は別居ですが、両親は主人の事業所に住んでいるため主人も事業所に住民票を変更しようかとも考えています。
介護も必要であるため同居の方が何かと都合はいい状況です。また、住民票を移動するのであれば年内がよいでしょうか?1月1日付の
住居地がその年度の申告場所だったような気がするのですが、来年から扶養親族にするのであれば年内に住所変更したほうが良いかも
あわせてご回答いただけますと助かります。長文になりすみませんがよろしくお願いいたします。

kyomosakumamaさん ( 神奈川県 / 女性 / 47歳 )

回答:1件

公的年金が158万円以内でかつ扶養していることが要件です。

2016/12/04 20:07 詳細リンク
(5.0)

kyomosakumamaさん 税理士の柴田博壽です。
再度のご質問ありがとうございます。
早速お答えしますが、先ず、控除対象親族となるための所得制限についてです。
控除対象親族の年間の(税法上の)所得金額の制限については、前回38万円とお知らせしましたね。
公的年金受給者の所得金額の計算方法についてですが、65歳以上の人が330万円以下の年金収入であれば年金控除額は、120万円となります。
120万円+38万円=158万円の算式により、公的年金収入が158万円以内であれば控除対象親族に該当します。(公的年金以外の年金の場合、80万円となりますのでご留意ください。)
なお、これは、あくまで年金受給者お一人の計算です。年金収入253万円がご両親の年金を合わせた金額ということであれば、平均が126万500円ですから、間違いなくお一人は158万円以内に該当します。
また、お二人とも158万円以下に納まれば、所得制限内ということでお二人とも控除対象親族に該当します。
そしてもうひとつの条件、扶養していることの事実に関する件です。形式的ではなく、税務当局は、あくまで事実で判断することになります。ご主人が、ご両親と同一の住所地に住民登録することで、一つの条件とはなり得ますが、実態が伴わなければ、そのことだけで扶養しているとの判断にはならない場合だってあります。
例えば、ご両親のために年間、相当の医療費を負担しているとか、週に複数回は、自宅に招いて食事を共にするといった事実等は、判断の貴重な材料になると思われます。そのような事実がないようでしたら、扶養控除は少し難しいとお考えの方が良いかと思います。
当職が、前回のご質問に対する回答で別居の場合、「扶養していることの証明が必要」と示唆したことに端を発し、誤解があったとすれば、責任を感じます。こちらは、沢山の方々が訪れます。言わば衆人環視のサイトです。勿論、当局も視閲可能だということを頭の片隅にでもおいていただき、慎重な行動をしていただければと思います。
ご参考になれば幸いです。

制限
扶養控除
別居
公的年金

評価・お礼

kyomosakumamaさん

2016/12/04 22:17

早速のご回答ありがとうございます。年金額の件理解できました。扶養の実態は何年も食事や受診の世話、経済的な負担もあります。その事実が証明できないといけないという事も理解できました。住所変更すれば良いという事だけではないのは理解しております。実際、認知症状があるので、夜も一緒に生活しないといけない事実がありますので、その方が色々な面でよいかと考えたまでですので、節税だけを考えての行動ではないので
大丈夫です。アドバイスをありがとうございました。

柴田 博壽

2016/12/05 12:23

kyomosakumamaさん 税理士の柴田博壽です。
高評価いただき、光栄です。
「何年も食事や受診の世話、経済的な負担もあります。」という事実は、十分なものと推察されます。このような状況は、第三者機関に証明して貰えるという性質のものではありませんから、後日、税務署からの問い合わせがあった際に回答するということになるかと思います。

回答専門家

柴田 博壽
柴田 博壽
(東京都 / 税理士)
所長
03-6425-7440
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

親身になってあなたの悩みにお応えします。

FP税理士としてあなたに最適なプランをご提供します。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

夫の扶養に入るべきか? ポワンさん  2017-01-20 10:36 回答1件
住民税と、源泉徴収と一致しない所得税について 税金難民さん  2017-02-11 13:20 回答1件
確定申告と年末調整について tk6361さん  2015-11-13 13:12 回答1件
所得について taka10969さん  2017-01-06 14:44 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

これで安心。確定申告書事前チェックサービス

ちょっと待って。申告書提出その前に!

木下 裕隆

木下裕隆税理士事務所/有限会社TAC

木下 裕隆

(税理士)

その他サービス

安心、らくらく、納税管理人代行サービス

非居住者で確定申告が必要な人は納税管理人の選定が必要になります。専門の税理士にお任せ下さい。

大黒たかのり

大手町会計事務所

大黒たかのり

(税理士)

メール相談

住宅購入者の為の初めての確定申告メール相談会

住宅に関する税金問題を解決するためのメール相談会です。

佐藤 昭一

NICECHOICE 佐藤税理士事務所

佐藤 昭一

(税理士)