平成25年(2013年)の住宅ローン金利動向(前編) - 住宅ローン選び - 専門家プロファイル

Office JUN 代表
兵庫県
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅資金・住宅ローン

柴垣 和哉
柴垣 和哉
(ファイナンシャルプランナー)
三島木 英雄
(ファイナンシャルプランナー)
平野 直子
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

平成25年(2013年)の住宅ローン金利動向(前編)

- good

  1. マネー
  2. 住宅資金・住宅ローン
  3. 住宅ローン選び
相談業務 店舗タイプ


 平成24年(2012年)も円高や中国との関係悪化など、日本にとっては厳しい年となりました。そこに民主党の迷走政治が加わりましたが、12月16日の衆議院解散・総選挙により、自民党と公明党の連立による安倍政権が誕生することで市場の期待は高まっています。


 安倍政権が積極的な金融緩和を推し進め、円安が進行すれば、企業業績の改善期待から株価は上昇し、日本もデフレから脱却できる期待が膨らみます。


 さらに平成25年(2013年)4月には、現在の日本銀行総裁である白川氏の任期が満了し、後任には金融緩和論者である竹中氏の名前が挙がるなど、総裁人事の行方にも注目が集まっています。


 これを住宅購入という観点から見ると、企業業績の移り変わりが激しく、雇用環境も厳しい状態が続いていますが、長らく続く歴史的な低金利や平成26年(2014年)4月の消費税増税を見越して、チャンスであることには変わりありません。


 今回も平成24年(2012年)同様、平成25年(2013年) の住宅ローン金利動向を占っていきたいと思います。なお、今回も変動金利と固定金利に分けてお送りします。


 まず変動金利ですが、これはそもそも、銀行の貸し出し金利である短期プライムレートに連動する仕組みになっており、その短期プライムレートはさらに日本銀行の政策金利に連動する仕組みになっています。


 従って、変動金利の今後の動きを見ていくには、日本銀行の政策金利に注目すれば良いということになります。そして、この政策金利は月に1~2回開かれる、日本銀行の金融政策決定会合で引き上げや引き下げが決定されます。


 では、この政策金利が今後どうなるかですが、日本銀行は1%(1%→2%に改定予定)程度の物価上昇率が見込めるまでは、ゼロ金利政策を続ける考えを明確にしました。そして、直近の展望レポートでは平成26年度(2014年度)までは少なくとも、上記が0%台で推移しそうで、現在の変動金利の水準は長期化するものと考えられます。


 以上を踏まえますと、変動金利は平成25年(2013年)も横ばいということになります。住宅ローンの返済期間が短い方などは、金利変動リスクはあるものの、実質1%程度の変動金利をうまく活用していただけたらと思います。


 次回は様々な要因が絡み合う、長期固定金利の動向についてお送りします。


沼田 順(CFP(R)認定者・1級FP技能士、宅地建物取引主任者、住宅ローンアドバイザー)


※このコラムの無断転載・引用はご遠慮願います


ブログメディア「BLOGOS」、「マネーの達人」

そこに参加させて頂いている、私のブログも是非ご訪問下さいませ。

住宅ローン、不動産アドバイス


カテゴリ このコラムの執筆専門家

(兵庫県 / ファイナンシャルプランナー)
Office JUN 代表

住宅金融公庫出身のFPが貴方のマイホームライフをサポート

素敵なマイホームを手に入れて最後まで幸せに暮らして欲しい。これが住宅金融公庫勤務時代に年間500件以上の住宅ローン相談業務を担当してきた私自身の願いです。その経験を基に貴方のマイホームライフをトータルにサポート致します。

カテゴリ 「相談業務」のコラム

このコラムに類似したコラム

2013年5月の住宅ローン金利と今後の見通し 沼田 順 - ファイナンシャルプランナー(2013/05/01 09:00)

2013年5月のソニー銀行の金利発表 沼田 順 - ファイナンシャルプランナー(2013/04/24 09:00)

2013年4月のソニー銀行の金利発表 沼田 順 - ファイナンシャルプランナー(2013/03/16 06:00)

2013年3月の住宅ローン金利と今後の見通し 沼田 順 - ファイナンシャルプランナー(2013/03/01 06:00)

2013年3月のソニー銀行の金利発表 沼田 順 - ファイナンシャルプランナー(2013/02/16 12:00)