調和力 1-2 似ていることは好きなこと - ビジネスコーチング - 専門家プロファイル

西田 淑子
サクセスインサイド・コミュニケーション 代表・コミュニケーショントレーナー
大阪府
ビジネスコーチ

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:コーチング

小倉 美紀
小倉 美紀
(パーソナルコーチ)
黒木 昭洋
黒木 昭洋
(BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ)
上前 拓也
(パーソナルコーチ)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

調和力 1-2 似ていることは好きなこと

- good

  1. キャリア・仕事
  2. コーチング
  3. ビジネスコーチング

仲がいいと、そのうちに、動作が似てくるし、何かが似ていると、仲良くなる可能性が高くなります。ということは、動作やしゃべり方や声色を似せることで、仲良くなる可能性が高くなります。共通項目が多いほど、好意的になる可能性が高いということです。例えば、あなたが男性であれば、意中の女性に動作をあえてシンクロしてみることによって、女性はあなたに好意を持ってくれる可能性が高くなります。

しかし、それがあまりにも見え透いたり、露骨であったりすると、可笑しな人と思われる可能性もあります。どうなるのかはやってみなければ、分かりませんが、何もしないで悔いを残すより、何かをして、どうであれ結果を得る方が、すっきりするんじゃないでしょうか。

私の友人の男性で、会社内の別の部署の女性を好きになったとき、日に何度もその部署に行っては、「○○ちゃん~」と声を掛け続け、プレゼントを渡し、飲み会に誘い続けました。その○○ちゃんは、最初は、しつこいと、嫌そうにしていましたが、結局は結婚しました。継続する事って力になるんですね。

何度も何度も会えば、好意を持つようになるのが、私たちの自然な機能です。「単純接触効果」と言われ、1968年に、アメリカのロバート・ザイアンスが発表しました。「ザイアンスの法則」とも言われます。何度も繰り返し、接触したり見たりしていると、好意を持つようになる、ということですが、好意を持つ、というより、慣れるのでしょうね。慣れると今度は失うのが怖くなる、それで確実に自分のものにしたくなるのかもしれません。
(調和力1-3に続く…)

このコラムに類似したコラム

コーチはなぜ質問するのか 星 和美 - パーソナルコーチ(2015/08/16 17:48)

考える力をつける=行動をすること 黒木 昭洋 - BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ(2015/03/04 19:00)

志を立てるとは? 黒木 昭洋 - BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ(2014/09/03 08:00)

ホテルの選択 口コミ活用4 有効な情報源 西田 淑子 - ビジネスコーチ(2013/12/29 08:18)

調和力6 共通点を作り出す1 西田 淑子 - ビジネスコーチ(2013/06/19 11:53)