愛着のある茶室を残して住宅を建て替える/平屋 和風モダンの家 - リフォーム・増改築全般 - 専門家プロファイル

忘蹄庵一級建築士事務所 代表
東京都
一級建築士
03-5940-5712
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:リフォーム・増改築

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

愛着のある茶室を残して住宅を建て替える/平屋 和風モダンの家

- good

  1. 住宅・不動産
  2. リフォーム・増改築
  3. リフォーム・増改築全般
設計の方法

愛着のある茶室だけを残して住宅を建て替えてほしいというご相談をいただきました。

昭和27年に建てられてから増改築が繰り返され、多い時には3世代で生活していましたが、現在は奥様が一人で使われています。既存建物のうち玄関脇の茶室が来客に、親族の集まりに、奥様が開く茶道教室にと広く活用され愛着があるため残すこととなり、既存の茶室棟、新築の住居棟、その2棟を玄関で繋ぐというプランになりました。

茶室棟はご友人や親族、茶道教室の生徒さんなど頻繁に訪れる来客に対応できるように来客用玄関を備えたパブリックエリアとし、住居棟南側のリビング・キッチンおよび和室へ繋がる玄関をセミプライベートエリアとし、寝室や収納・水廻りなどをプライベートエリアとするなど、エリアごとに使い分けられるように計画しました。

外観は茶室棟の屋根勾配や外壁に調和がとれるように仕上げ、内部は屋根勾配から生まれる天井高さを活用し、収納・水廻り部分では天井裏に収納スペースを広く確保しました。 

既存建物に増築していくことは法律の制約で難しい場合がありますが、今回は増築方法を工夫することで希望の間取りが叶うこととなりました。詳しくは「古い建物の増改築は難しい」をご覧ください。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 一級建築士)
忘蹄庵一級建築士事務所 代表

専門家の立場でご要望に親身に対応します

長く使い続けていただける心配りの行き届いた居心地のよい建築空間をご提供したいと考えています。新築だけでなくリフォームやリノベーションの実績も多数あります。既存住宅状況検査や耐震診断などを行って中古物件に価値を生み出すことを大切にしています。

03-5940-5712
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「設計の方法」のコラム

このコラムに類似したコラム

リフォームか、建て替えか…… 酒井 哲 - 建築家(2014/08/20 09:14)

古い建物の増改築は難しい/「既存不適格」という壁 堀 紳一朗 - 一級建築士(2012/06/01 09:28)

リフォーム工事完成 山下 弘治 - 建築家(2011/09/02 10:48)

M邸増改築工事進行中!! 椿 邦司 - 建築家(2010/12/29 16:59)