自分の姿勢をチェックしてみよう - カイロプラクティック - 専門家プロファイル

田中 和恵
Green Forest アロマテラピー&カイロプラクティック 代表
埼玉県
カイロプラクター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:マッサージ・手技療法

吉川 祐介
吉川 祐介
(カイロプラクター)
井元 雄一
井元 雄一
(カイロプラクター 博士(健康科学))
関村 順一
(鍼灸マッサージ師)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

自分の姿勢をチェックしてみよう

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. マッサージ・手技療法
  3. カイロプラクティック
カイロプラクティック

私達の背骨は、どんな形をしているのでしょうかか?

実は、私達の背中は、首から背中、お尻にかけてとS字状のカーブを描いています。

このS字状のカーブは、姿勢の変化によって大きくなったり、小さくなったりします。

背骨のひとつひとつの間には、椎間板と言われるクッション材がありますが、この椎間板もカーブの形によって押しつぶされたり、引っ張られたりという事になります。

椎間板を1例にご説明しましたが、このS字状のカーブは、大きくても小さくても体のどこかに余計な負担がかかってしまうものです。

 

私の背中は、どうかしら?・・・と気になりますよね?

それでは、壁に、踵ーお尻ー後頭部をつけた状態で真っ直ぐに立ってみましょう。

この体勢が辛いという方は、もう姿勢のどこかに歪みがある可能性がありますよ。

次に、腰の後ろに両手を入れます。

どのくらい手が入りましたか?

 

腰の後ろで両手を握っても余裕があるという方は、S字状カーブが通常よりも大きくなっています。

腰が反り気味で、腰の負担が大きくなっている可能性があるので気を付けてくださいね。

お腹が出ていたり、猫背気味だったり、ハイヒールを履いていたりという事はないですか?

 

逆に全く手が入らないという方は、S字状のカーブが普通よりも小さくなっている可能性があります。

筋力が低下しているなどが考えられます。

 

腰の間には、掌を壁につけた状態で、腰の間に片手が少し入る程度がちょうどいいくらいです。

 

皆さんは、どちらでしたでしょうか?

姿勢からは、負担の多くかかっている部分を見つけることや、それによって将来的に起こる可能性がある症状を予測することなどができます。

姿勢には、毎日の生活習慣が大きく影響するものですので、ご自身が自分の状態を意識して心がけることがとても大切です。

いつまでも元気で、若々しさを保つために、まずは、ご自身の姿勢をご自身で意識してみることから始めてみてください。

このコラムに類似したコラム

年末年始の診療のお知らせです 市原 真二郎 - カイロプラクター(2015/12/14 23:59)

浮気してもいいんです。但し〇〇に限る みかん - 人体調律師 ・ 鍼灸マッサージ師(2014/04/17 10:00)

台風の気圧の影響で身体が緊張し易くなっています 市原 真二郎 - カイロプラクター(2013/09/17 23:58)

梅雨の季節は湿度に要注意です 市原 真二郎 - カイロプラクター(2013/06/10 23:59)

気象変化と痛みの関係 田中 和恵 - カイロプラクター(2012/07/23 16:00)