「珪藻土ってなに?室内環境を整える自然素材(塗り壁材)。」 - リフォーム・増改築全般 - 専門家プロファイル

漆原 智
株式会社アーバンプロジェクト 代表取締役
神奈川県
建築家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:リフォーム・増改築

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「珪藻土ってなに?室内環境を整える自然素材(塗り壁材)。」

- good

  1. 住宅・不動産
  2. リフォーム・増改築
  3. リフォーム・増改築全般

調湿性の高い室内環境を保つには、塗り壁材として、自然素材の珪藻土が利用されています。

...
そうすれば、結露や湿気の少ない部屋に近づきます。

そのワケは、珪藻土には穴がたくさんあるからです。


◎珪藻土ってなに?

珪藻土は、藻類の一種である珪藻の殻の化石よりなる堆積物(堆積岩)である。

と言われています。

珪藻の殻は二酸化ケイ素(SiO2)でできており、珪藻土もこれを主成分としてます。


◎珪藻土はどうやってできるの?

珪藻が海や湖沼などで大量に増殖し死滅しますと、その死骸は水底に沈殿します。

死骸の中の有機物が、分解され、最終的には二酸化ケイ素を主成分とする殻のみが残ります。

このようにしてできた珪藻の化石からなる岩石が珪藻土です。



◎珪藻土の何がよいの?

珪藻土には、目に見えない小さな穴が沢山あいています。それが調湿性能の秘密なのです。

(写真参照)

ちょうど、キムコのように、細かい穴がたくさん空いています。
穴のお蔭で、表面積が大きいのです。

だから、

◎珪藻土の最大の魅力は、調湿性能なのです。


しかし、壁に塗る前の珪藻土の穴をいくら強調しても、壁に塗ったあと穴がふさがれてしまうと、

調湿性能は無くなってしまいます。

問題は、壁に塗ったあとも、珪藻土の穴が開いていることなのです

■ だから、塗り壁として、塗った後も穴を確保する製品を選ばれることが大切なのです。

 

 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

震災から4年 信戸 昌宏 - 建築家(2015/03/10 12:00)

救いの神のようでした。 信戸 昌宏 - 建築家(2015/02/28 12:00)

雨漏りの痕がある。。。 信戸 昌宏 - 建築家(2014/04/18 12:00)

1年目のメンテナンス。 斉藤 克雄 - インテリアデザイナー(2013/10/26 00:46)

新築マンションを買うなんてもったいない 志田 茂 - 建築家(2013/06/28 21:56)