書類選考のポイント - キャリアプラン全般 - 専門家プロファイル

葉玉 義則
ニューボイスジャパン株式会社 代表者
キャリアカウンセラー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:キャリアプラン

市村 光之
市村 光之
(キャリアカウンセラー)
宇江野 加子
(キャリアカウンセラー)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

書類選考のポイント

- good

  1. キャリア・仕事
  2. キャリアプラン
  3. キャリアプラン全般
人事の種明かし 中途採用
ここ数年、ネット系の求人誌が募集の柱になり、ほとんどの応募書類は、メールやネット内のシステムを通し、受け付けるようになってきました。履歴内容も、各媒体の体裁に併せ、閲覧が出来るようになってきたので、応募者同士の比較検討もしやすく、以前よりはスピーディに、判断出来るようになったのではないかと思います。

ただ、人事として注意する個所、チェックポイント等は、体裁や媒体が変わっても、それほど変わるものではないので、この機会に、ご理解いただければ幸いです。

まず、履歴者や経歴書で、必ず見るポイントとしては、次のような個所があります。

全体として、丁寧に、ミスなく、正直に、記載しているかどうか。見栄やごまかしを見抜くのは並大抵ではないですが、ある程度の経験や勘を養った人事担当者であれば、微妙な整合性に目をつけ、面接の場でさりげなく真贋を確かめ、合否の判断材料にしていきます。

落されやすい書類としては、経歴が簡略化され、ほとんど判断できない、志望動機や希望条件が不明瞭(所構わず投函している感じ)、採用条件より希望条件が極端に高く、その理由が示されていない、通勤不可能な地域で、可能な理由が示されていない、等々があります。稀に、ストーカー的応募者と思われる例もあり、こういったブラックリストに入っている応募者は、書類段階でカットされます。

少なくとも、求める人材像との大幅なズレがなく、応募書類の内容にも誠意が感じられ、しっかりとした応募動機が書き込まれていれば、面接段階に進む可能性は、かなりの確率で高まるでしょう。

さて、次回は「自己PRのポイント」と題し、お話しする予定ですが、次回からは毎週末日(金)に、お届けしたいと思います。