社内報の目的 - 広報・PR - 専門家プロファイル

豊田 健一
一般社団法人 組織内コミュニケーション協会 専務理事 兼 『月刊総務』編集長
広報コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:広報・PR・IR

豊田 健一
豊田 健一
(広報コンサルタント)
採用広報プランナー 白井 千絵
採用広報プランナー 白井 千絵
(採用コンサルタント)
豊田 健一
(広報コンサルタント)
中村 英俊
(広報コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

社内報の目的

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 広報・PR・IR
  3. 広報・PR

社内報の目的と問われて、どう答えるか

 

・社内報を通じて、ベクトルの統一を図る

・社内報で、コミュニケーションの活性化を図る

・社内報により、業務情報や知識を伝達する

 

各社各様、社内報の発行目的にリンクした答えが多いかと思う

 

社内報の目的を考える場合、

どこまで掘り下げて考えるか、

つまりは、最終目的をどこに置くか、がポイントとなる

 

先に記した、三つの例示

これよりさらに掘り下げていく必要がある

社内報を通じて、ベクトルの統一が図られると、どうなるのか

社内報で、コミュニケーションの活性化が図られると、どうなるのか

社内報により、業務情報や知識が伝達されると、どうなるのか

 

このコラムで最初に記した「働く人視点」

つまりは、それぞれの会社で働く従業員、という視点がポイントである

 

会社は個々の働く人の積み上げである

 個々の従業員が、

自社に誇りを持ち、楽しく、そして前向きに働ける

そんな状態を最終目的として、社内報を考えてみてはどうだろうか

 

先の三つの例は、上記の目的を達成するための、一つのプロセスに過ぎない

 

自社に誇りを持ち、楽しく、そして前向きに働ける

そんな状態を作り出すためには、自社で働く従業員のことを、編集部が知らなければならない

 

編集部に籠もり、編集部だけで企画を一生懸命考えても

それって、意味があるのだろうか?

上記の目的を達成できる企画が生まれるのだろうか?

 

どれだけ、従業員に迫れるか

大事なことかと思う

最新 「社内報セミナー」のご案内はこちら → http://icomu.or.jp/?p=129

「社内報創刊」のための無料個別相談                   http://profile.ne.jp/s/s-3693/

「社内報リニュアル」のための無料個別相談            http://profile.ne.jp/s/s-3697/

「社内報編集 初心者」のための無料個別相談        http://profile.ne.jp/s/s-3701/

「社内報編集 中級者」のための無料個別相談        http://profile.ne.jp/s/s-3728/

このコラムに類似したコラム

大阪で社内報セミナーを開催します。 豊田 健一 - 広報コンサルタント(2012/05/27 23:18)

公開座談会の試み 豊田 健一 - 広報コンサルタント(2012/05/07 23:07)

グループ会社間のメディアミックス 豊田 健一 - 広報コンサルタント(2012/04/18 16:12)

誇れる会社にする 豊田 健一 - 広報コンサルタント(2012/04/10 18:51)

メディアミックスの進化系 「人のメディア化」 豊田 健一 - 広報コンサルタント(2012/04/03 16:45)