アスピリン - その他の心と体の不調 - 専門家プロファイル

松本 敏樹
そあら鍼灸院 院長
東京都
鍼灸師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:心と体の不調

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

アスピリン

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 心と体の不調
  3. その他の心と体の不調
西洋医学

解熱鎮痛剤として有名なバファリン。

不育症の予防として処方されたという方も多いでしょう。

アスピリンは使われる用量により解熱鎮痛消炎剤にも抗血小板剤にもなります。

用量を増やせば、抗血小板剤としての作用が強くなるというわけではないのです。

これを専門用語では“アスピリンジレンマ”(*1)なんていいます。

不育症などで血管の詰まりを予防するために使われる場合は、抗血小板薬として使われます。

アスピリン81とは抗血小板剤のことで81は1錠中に含まれるアスピリンの用量を表します。

ちなみに、アスピリン81という名前の薬はありません(バファリン配合錠A81 等)。

元々は小児に対し解熱鎮痛剤として使われていましたが、現在は小児への適応はなく、

成人に抗血小板薬としてのみ処方されます。

この薬は血栓が出来ないようにする薬なので、

血液をさらさらにする作用があります。

血液がさらさらになると聞くと、とてもいいことのような気がしますが、

血栓には出血した時に傷口を塞ぐという大事な役割があります。(カサブタをイメージしてください)。

そのため、一度出血すると普段より血が止まるまでに時間がかかってしまいます。

ちょっとぶつけただけでも思ったよりも大きなあざになってしまうこともあるので、

足などぶつけないように気をつけてくださいね。

また、バイアスピリンもアスピリンの商品名です。正式にはバイアスピリン錠100mg。

100mgは1錠中に含まれるアスピリンの用量です。

100mg錠しかないので、バファリンとは違い抗血小板剤としてのみ使われます。

バファリンが胃で溶けるのに対して、

バイアスピリンは腸で溶けるため胃腸障害(胃痛・吐き気)等の副作用が少ないのです。

*1アスピリンジレンマ:アスピリンの投与量により、血栓形成作用が増強したり、減弱したりすること。全く同一の薬が真逆の作用を持つということで、非常に珍しい現象。

 

そあら鍼灸院 -不育症-

このコラムに類似したコラム

秋の味覚で身体を整える 徐 大兼 - 鍼灸師(2013/08/31 11:18)

夏バテの治療と防止対策 日色 雄一 - 鍼灸師(2012/07/17 12:07)

クレジットカード始めてました。 みかん - 人体調律師 ・ 鍼灸マッサージ師(2014/06/02 10:00)

20%お好きですか? みかん - 人体調律師 ・ 鍼灸マッサージ師(2014/05/29 10:00)