夏バテの治療と防止対策 - 心と体の不調全般 - 専門家プロファイル

日色 雄一
傳統醫學硏究所 日色鍼灸院 院長 医学博士 世界医学気功学会理事
神奈川県
鍼灸師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:心と体の不調

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

夏バテの治療と防止対策

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 心と体の不調
  3. 心と体の不調全般

暑い日が続いています。

暑い夏には、冷たいビールが美味しい季節です(お酒の好きな方にはたまらないでしょう)。

今年も節電のため、冷房はそれほど問題ないかもしれませんが、身体の内と外から冷やし続ければ、夏バテしやすくなります

「暑いから食欲がない」と言って水分ばかり(しかも冷たいもの)摂っていては夏バテします。

汗をかいたら必ず水分を補給しなければなりませんが、水ばかり飲んでいては血液が薄まり、身体の機能が損なわれます。東洋医学ではこれを「水毒」といい、不調の原因と考えます。

夏バテには予防が大切です。

すでに夏バテ気味の方は「なぜ夏バテするか」を知り、その状態から脱却するために身体を調整すると早く回復しやすくなります。

それから、大事なことです!

「夏はスタミナをつけなくては!」と焼肉や油っこいもの、味の濃いものをしっかり食べますと、内臓疲労を起こし、より夏バテしやすくなりますのでご注意ください!!特に普段から仕事や運動により疲労している方です!

毎年夏バテする方はぜひ一度ご相談ください。

 

このコラムに類似したコラム

睡眠専門家の睡眠知識講座  あくびはなぜ出るの? 快眠コーディネイター 力田 正明 - 快眠コーディネイター(2012/05/27 23:00)

アスピリン 松本 敏樹 - 鍼灸師(2011/12/13 06:00)

冷えた飲み物を飲むならおろし生姜を入れましょう! 徐 大兼 - 鍼灸師(2011/08/09 15:27)

携帯電話、電磁波とがん発症の関連性について 岩崎 治之 - 柔道整復師(2011/06/02 14:59)