「セルフプロモーション」 - ビジネスコーチング - 専門家プロファイル

L.C.L. 根本 雅子 
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:コーチング

小倉 美紀
小倉 美紀
(パーソナルコーチ)
黒木 昭洋
(BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ)
上前 拓也
(パーソナルコーチ)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「セルフプロモーション」

- good

  1. キャリア・仕事
  2. コーチング
  3. ビジネスコーチング

先日、あるグループでお食事会がありました。その中のお一人(Aさん)が、事業を始められどのように展開をしていったらよいかという話題になりました。

 

Aさん曰く、

「私は、自分でセルフプロモーションが苦手なのです。自分を売り込むことに躊躇があって、、、」

 

お食事会の参加者のBさんは、

「だめよ〜、そんなんじゃ。ちょっとは、図々しくなってもよいから、ご自分をプロモートする機会をどんどん創っていってね。」

 

Aさん

「そうですね。少しは、した方が良いのですよね。でも、しなくてもプロモーションできている方もいますよね。。。それを目指したいです」

 

皆さんは、ご自分のセルフプロモーションをどのようにお考えになって実践なさっていますか?

 

私の中でのセルフプロモーションのルール

 

1)ガツガツ、どんどん、人と話しをしたり、前にでることとは違う

2)今、目の前にあることに(お客様に対してや商品開発等なんでも)120%全力投球

3)すると、満足以上の結果が生まれる

4)この結果から、お客様や手に取った方々が、プロモーションをしてくださる

 

もちろん、全く理解されていない、新しいものを始める際には、認知して頂けるようなお試しや説明会が必要です。その際にも、ルール1)をあてはめて、自分が世にだそうとしているものの価値と自分が何故提供するのか理由とビジョンが伝わることがポイントと考えております。

 

最後の点を可能にする源が、「自分軸」なのかもしれません。

 

私が、今の仕事を日本人向けに始めたのが約10年前でした。

その時は、「コーチング」という言葉自体が日本では、ほとんど認知されていず、日本人の方々にお話すると「コーチングなんて、必要ない」「スポーツをしているのではないのだから、関係ない」「お前なんかにコーチングなんてされたくない」という全否定の言葉のオンパレードでした。

ですから、説明会をロンドン市内で、「起業家の会」を始め、在英のビジネス団体や各種コミュニティで行ないました。

 

亀のような歩みで、ご理解をして頂く方が増え、セッションにいらっしゃる方も増えていきました。

 

皆さんは、ご自分のセルフプロモーションをどのようにお考えになって実践なさっていますか?

 

お考えになられてみてくださいね。

 

 

ご感想、ご質問等ありましたらどうぞお気軽にお問い合わせ下さいませ。


masako@you-atyourbest.com

 


 

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(経営コンサルタント)
L.C.L. 根本 雅子 

魅力・可能性開花を多角的にサポートするイギリス発コーチング

L.C.Lのロゴは、白鳥がテムズ川から飛び立つ瞬間を見て、イメージしました。「醜いあひるの子」が変化した様に、誰もが、素晴らしく、見事に、美しく自分の望む方向へトランスフォメーション(物の転換)が可能だと、私が確信しているからです。

このコラムに類似したコラム

突き抜ける。 喜多見 明日香 - パーソナルコーチ(2012/08/20 13:17)

LIFE ART COACHING 対話の会 IN 郡山 喜多見 明日香 - パーソナルコーチ(2012/07/17 12:04)

起業するには 須貝 光一郎 - ビジネスコーチ、経営者コーチ(2012/02/16 20:22)

目的まで考えると、やる気に変化が 松脇 美千江 - パーソナルコーチ(2010/09/25 21:12)

コーチはなぜ質問するのか 星 和美 - パーソナルコーチ(2015/08/16 17:48)