起業するには - ビジネスコーチング - 専門家プロファイル

ベスト・コーチングプロ 代表者
ビジネスコーチ、経営者コーチ

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:コーチング

小倉 美紀
小倉 美紀
(パーソナルコーチ)
黒木 昭洋
(BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ)
上前 拓也
(パーソナルコーチ)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

起業するには

- good

  1. キャリア・仕事
  2. コーチング
  3. ビジネスコーチング

最近知人がサラリーマン生活を辞め、自分で何かをしようと考えている。

彼とはもう3年の付き合いであるが今まではサラリーマンとして
よくあるように会社批判で好きなように仕事をしていた。

しかし、そこでのストレスから逃れるため独立を考え会社を辞めた。

その後、彼と何回か話をしたが“何をしたいのか”が分からない。

彼の強みは、「企画力」であると私は思う。
いくつもの企画案を持っているし実際に提案してきた。
しかし、どこの企業もそれを実行はしていないのはなぜかな?

先日、時間を作り4時間ほど話を聞いたがやはり本人がどうしたい
のかが分からない。

独立開業には、何が必要なのだろうか?

私は、コーチングをしているがやはりクライアントからこの問題を
テーマにお話を聴きます。

クライアントは
「何がしたいのか?」
「どうしたいのか?」
まずはここをしっかりと聴いています。

このテーマはとても大事であり重いことだと思っています。
これが明確にならなければ、転職や独立開業は危険だと考えています。

一時的な感情や出来事での判断は危険です。

本人の本当の“思い”を明確にしていくことがコーチングを進めるにも
一番重要であると考えてコーチをします。

その為には、“話を聴くこと”が必要ですね。

皆さんは何か大きな決断をする時には誰かに話を聴いてもらっていますか?
あるいは、話せる相手がいますか?

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(ビジネスコーチ、経営者コーチ)
ベスト・コーチングプロ 代表者

クライアントの“心”と“信念”に基づくコーチング

私は、何よりも「対話」を通じてクライアントに「気づき」と「自己と向き合う」効果を与え、思い込みを解き、「答え」を見つける支援をする事で、クライアントの行動を促し早期に目標達成していただくパートナーになります。

このコラムに類似したコラム

あなたの目先 鈴木 安子 - 研修講師(2011/10/10 21:28)

場所の力を利用する(システムコーチング) 橋本 博季 - パーソナルコーチ(2010/11/25 23:04)

コーチングを受けてみて何が変わったか 橋本 博季 - パーソナルコーチ(2010/07/16 01:00)

We are the world に見るプロフェッショナル度 松脇 美千江 - パーソナルコーチ(2010/06/26 21:25)

コーチはなぜ質問するのか 星 和美 - パーソナルコーチ(2015/08/16 17:48)