自分を物語るヒント - キャリアコーチング - 専門家プロファイル

冨永 のむ子
パーソナルクレド舎 COO クレド作家
パーソナルコーチ

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:コーチング

小倉 美紀
小倉 美紀
(パーソナルコーチ)
黒木 昭洋
黒木 昭洋
(BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ)
黒木 昭洋
(BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ)
上前 拓也
(パーソナルコーチ)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

自分を物語るヒント

- good

  1. キャリア・仕事
  2. コーチング
  3. キャリアコーチング
セミナー・イベントについて 自分が物語れる塾

前回のコラムで自分を物語るコツとして、

浮かんだイメージをスケッチすること、と書きました。

スケッチするというのは、どういうことか・・。

大切なのはスケッチしようとする前に、

対象となる自分の記憶や感情・目標やビジョンをよく見ること。

そのために大切なのは、

目の前にあるものを、

子供のような先入観の無い気持ちで眺めること。

長男が一年生の時の授業参観で、

さつまいもを絵を描く授業がありました。

先生は、「むらさき色の作り方は・・青と赤をまぜて・・」とおっしゃっていましたが、

うちの息子を始め、多くの子は、

青と赤以外に、黒や茶色もまぜていました。

目の前にあるさつまいもは、きれいな紫ではなかったので、

子供たちの作った色は、頭で考えた、紫ではなくて、

さつまいもそのものの色でした。

できあがったのは、

見たままをそのまま表現する、生き生きとした絵でした。

自分の感情や過去の思い出も先入観なしに眺めてみたら、

本当の自分の状態が見えてきます。

でも、見ようとする前にじゃまなものがたくさんあります。

よく思われたいとか、得をしたいとか、
自分がかわいいとか、自分は可哀そうとか、◎◎してくれない、してほしいとか・・・

それらはエゴです。と一言でばっさり突っぱねるほど、人は強くないので、

そういう感情も含めて、

自分の中にあるものを観察し、言葉にしてみるんです。

人が感動する物語は、全て等身大。

楽しくて華々しい感情だけでなく

みじめな気持ちも、ちっぽけな自分も認め、
赤裸々な物語にこそ人は心を動かされる。

ブランディングやPRなどで、自分の物語を伝えたい、という方も、

そうでなく、
自分の中をきちんと見つめるために
自分の物語を持ちたいという方も、

自分を物語ろうとする行為の中で一番大切なのは、

光と影の部分をまっすぐにとらえること。

そこにつきます。

このコラムに類似したコラム

自分の心にも、愛を注ごう、あふれるほどに。 喜多見 明日香 - パーソナルコーチ(2012/08/30 08:46)

自分の強みに気づくとき 青木 秀樹 - ビジネスコーチ(2010/05/30 09:30)

コミュニケーションって難しい・・・ 松山真己 - 臨床心理カウンセラー/パーソナルコーチ(2016/09/09 09:55)

学歴コンプレックスについて 松山真己 - 臨床心理カウンセラー/パーソナルコーチ(2016/09/06 16:54)

「決める」について考える 黒木 昭洋 - BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ(2015/08/08 12:54)