<答えはあなたが知っている> - ビジネスコーチング - 専門家プロファイル

西田 淑子
サクセスインサイド・コミュニケーション 代表・コミュニケーショントレーナー
大阪府
ビジネスコーチ

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:コーチング

小倉 美紀
小倉 美紀
(パーソナルコーチ)
黒木 昭洋
(BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ)
黒木 昭洋
(BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

<答えはあなたが知っている>

- good

  1. キャリア・仕事
  2. コーチング
  3. ビジネスコーチング

小学生の頃、おばあちゃんから「夕食に高野豆腐の煮物つくっときや」と言われたことがあります。台所の手伝いはしたことがあっても、料理を一人で作ったことはまだありませんでした。なのに、おばあちゃんは、私に一人で作る、という課題を与えました。

うちは商売をしていたので、両親も祖父母も日中は仕事で家にいません。だから、教わりながら、というのはできないし、レシピがあるわけでもありません。食事はうちで働いているおっちゃん達も一緒に食べます。小学生の私には責任重大でした。

私はおばあちゃんに「作り方が分からへんから、できへん」と抵抗したら、おばあちゃんは、「あんた、いつも見とったから、覚えとるやろ。水で戻して、絞って、煮込んだらええんや」。そう言われて、なるほど、と思いちょっと出来る気になりました。だけどまだ味付けが分からない。

「味付けが分からへん」と再び抵抗したら、「そこにあるもんしか使こうてへん」と返された。そこにあるものは、砂糖、塩、醤油、酒、みりん、酢、胡椒、うま味調味料、だけです。「味の加減は、あんたの舌が知っとるやろ、足りんかったら足したらええけど、多すぎたら引くわけにはいかん。ちょっとづつ味見しながら足していきや、足りんくらいで丁度ええで」。おばあちゃんはそれだけ言ったら、さっさと店に行ってしまいました。

高野豆腐の煮物は、出来上がるまでに何回味見したのか、分からんほど味見して、時間はかかりました、が、おばあちゃんの判定が気になります。不味くはないけど、飛び切りに美味しくもない。だから、怒られも褒められもしないだろうと思っていたら、おばあちゃんは味見をして、「うん、うまい、上手に作ったな」と最初に褒めてくれました。それから「ちょっと塩が足りんな」と言って最後の仕上げをして、私に味見をさせました。

おばあちゃんは、優れたコーチでありティーチャーでした。料理を教える代わりに、見ながら学習しているということを、教えてくれました。調味料の分量を量る代わりに、体験したことは理解している、ということを示唆しました。そしてゴールは明確に指示し、あとは任せきったのです。魚を釣る代わりに、魚の釣り方を教えました。そして、良かったことを承認し、足りなかったことを指摘し、それを補って、私に味見という体験をさせることで、私自身が理想と現状の差異を確認する機会を与えました。

「あんたが知っとる」、おばあちゃんが、私の可能性を信じてくれた、という体験は、自信の芽となります。あなたも、自信の芽となる体験が、いつかあったのではないでしょうか?

このコラムに類似したコラム

能力を最大限に引き出す 上前 拓也 - パーソナルコーチ(2014/12/09 13:17)

コーチングとは何だろう【事例紹介2】 黒木 昭洋 - BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ(2014/06/28 10:30)

したい事が見つからなければ出来る事を考える 上前 拓也 - パーソナルコーチ(2013/09/04 17:22)

期限を明確にする 上前 拓也 - パーソナルコーチ(2013/05/22 10:44)

視点を変えてみる 上前 拓也 - パーソナルコーチ(2013/05/10 09:16)