期限を明確にする - コーチング全般 - 専門家プロファイル

上前 拓也
コーチングOffice友歩 エグゼクティブ・コーチ
北海道
パーソナルコーチ

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:コーチング

小倉 美紀
小倉 美紀
(パーソナルコーチ)
黒木 昭洋
黒木 昭洋
(BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ)
黒木 昭洋
(BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ)
上前 拓也
(パーソナルコーチ)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

期限を明確にする

- good

  1. キャリア・仕事
  2. コーチング
  3. コーチング全般
日本人は「曖昧な言葉」が好きだと感じています。

「じゃあまた後日」とか、「近々にお会いしましょう」とか、「近い将来」とか・・・
これらの言葉は全て「曖昧」です。


どうして曖昧な言葉を使うかというと、それは「楽」だからです。
どうして楽なのかというと、「次を決めなくて良い」からです。



次を決めて、決めた事に対してアクションを起こす事は、多かれ少なかれ
パワーを必要とします。パワーを使う事から逃げようとしてしまうのです。



もう一つ、曖昧な表現を発した本人は、
実は本人にもその曖昧が何かを分かっていない事が多いのです。




例えば、「私はもっと自由に仕事をしたいのです」と言った方が居たとします。

コーチの方なら、きっとほとんどの方は「自由とは具体的に何ですか?」
聞くはずです。

そうすると、「うーん・・・・」と、しばらく考え込むと思います。

言った本人も「自由とは何か」が明確になっていない状態です。




曖昧な言葉は使いやすいので、使うことは大いに結構だと思っています。

そこからもう一歩。
使った後その「曖昧」な部分を明確にすると、行動に期限が決められ
アクションが早くなります。


もし、ご自身の掲げている目標や願望の中に曖昧な言葉が使われている
としたら、ぜひ明確化してみてください。

「私は将来ナースになる!」 → 将来とは何年後か
「いつか海外に移住したい」 → いつかとはいつか
「そろそろ車買い換えよう」 → そろそろとはいつか

きっと、曖昧に考えていた時よりも、早くにその目標を達成出来ると思います♪

 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

能力を最大限に引き出す 上前 拓也 - パーソナルコーチ(2014/12/09 13:17)

ビセンテ・デル・ボスケ【コーチ列伝】 黒木 昭洋 - BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ(2014/07/04 12:42)

未来の自分との約束 上前 拓也 - パーソナルコーチ(2014/06/20 18:00)

準備ばかりで終わっていないか 上前 拓也 - パーソナルコーチ(2013/05/31 11:19)

自分の枠を超える 上前 拓也 - パーソナルコーチ(2013/05/07 15:20)