いろんな靴を履いて足に刺激を与えよう! - 膝痛・足つり - 専門家プロファイル

チェアロビクス創案者 フィットネスアドバイザー
ピラティスインストラクター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:体の不調・各部の痛み

井元 雄一
(カイロプラクター 博士(健康科学))
田中 和恵
(カイロプラクター)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

いろんな靴を履いて足に刺激を与えよう!

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 体の不調・各部の痛み
  3. 膝痛・足つり
チェアロビクス

夏本番、暑い日が続いています。

私は重たい荷物を持つ機会が多く、

しかも1日2万歩は歩いています。

活動量がさらに増えた先月、ついに新しい靴がたて続けに壊れる事件が発生しました。

そこで、今回は靴選びについてまとめてみたいと思います。

 

靴をはかない地域では、

外反母趾がないそうです。

原始時代ははだしで生活していた私たちも、

いまではどんどん靴の改良が進んでいます。

靴の種類も数えきれません。

 

例えば、女性にとってハイヒールは憧れの的です。

歩いていると足首が細くなり、

ふくらはぎは締まり、ヒップも持ち上がる…そんなおもいの女性も多いかもしれません。

高さが6センチ以下であれば、それほど負担をかけないそうですが、

足が下にずり落ちてしまう構造では無理がかかってしまいます。

きつすぎず、ゆるすぎないサイズを探して足を守りましょう。

私のように活動量が多い場合は、

足の衝撃を守れるようなすこし重めの靴がちょうどいいそうです。

何を大事にするかで靴選びもかわってきますが、

偏ってしまうと、特定の足の筋肉だけが強くなってしまいます。

 

ときにはスニーカー、ときには重めの革靴、ときにはハイヒール。

靴を変えることで、足の筋肉に適度な刺激を与えてください。

 

チェアロビクスで姿勢が変わる!気持ちが変わる!

http://www.chairobics.co.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(ピラティスインストラクター)
チェアロビクス創案者 フィットネスアドバイザー

チェアロビクスで姿勢が変わる!気持ちが変わる!

ゆっくりとした呼吸とともに気持ちよく身体を動かしましょう。運動が苦手な方でも大丈夫!お悩みに応じて、あなただけの、手作りエクササイズレシピをご用意いたします。美しい姿勢をつくりながら、心のこりもストレッチします!

カテゴリ 「チェアロビクス」のコラム

このコラムに類似したコラム

自分に合ったインソール 2 長山 将吾 - 理学療法士(2015/12/11 08:11)

自分に合ったインソール1 長山 将吾 - 理学療法士(2015/12/10 12:43)

専門家が教えるむくみの原因とは?【教えてgoo!ウォッチ】取材記事 川井 太郎 - 整体師/あん摩マッサージ指圧師(2015/05/31 10:00)

抗がん剤での痺れ(しびれ)を筋ポンプ温浴が修復改善 奈良 修次 - 鍼灸師 臨床検査技師(2014/06/23 16:40)

補給の為に、パンはあるのか?!パンの為に胃があるのかっ!!? みかん - 人体調律師 ・ 鍼灸マッサージ師(2014/06/15 10:00)