インターネットビジネスに取り組む際に最初に確認したいこと - 経営戦略・事業ビジョン - 専門家プロファイル

神奈川県
経営コンサルタント
080-5450-9751
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
山本 雅暁
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

インターネットビジネスに取り組む際に最初に確認したいこと

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営戦略・事業ビジョン
IT化

中小企業診断士の長谷川進です。おはようございます。
今日はインターネットビジネスについてのお話です。

インターネットビジネスに取り組む際に最初に確認したいこと。

インターネットを活用した新規事業、SaaSを活用した業務の見直し、ネットショップなど。あるいは、ホームページ、ブログ、Twitter、Facebookなども関係してきますでしょうか。

最初に確認したいことは、趣味の延長線上や副業のような気軽な取り組みなのか、本気で事業として取り組みたいのかということです。

趣味の延長線上や副業のような気軽な取り組みであれば、出来る範囲内でマイペースな取り組みを続けることは素晴らしいことです。書籍やセミナーなどで得られる情報を活用して、着実に取り組みを進めていきましょう。

もし本気で事業として取り組み、インターネットビジネスを新たな事業の柱にしたいとお考えならば、それなりの取り組みが必要となります。

それなりの取り組みとは、競争に勝つための取り組みです。

インターネットをなんとなく活用して、気軽に楽してノーリスクで儲かる時代は終わりました。

10年前20年前ならば、インターネットを活用するだけで話題になって儲かりましたが、今は違います。今はインターネットのプロがしのぎを削っている時代です。

この考え方は中小企業や創業者でも全く同じです。インターネットビジネスの世界では、企業規模や業歴は関係ありませんから。

表面的な情報に惑わされることなく、本気でインターネットビジネスに取り組んでみませんか。

横浜で働く中小企業診断士長谷川進のブログ

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 経営コンサルタント)

新規事業成功の鍵は、リスクヘッジを考えた事業戦略策定にあり

日本アイ・ビー・エム在籍時の15年間に多数のITプロジェクトに参画しました。その経験から、「新規事業が失敗する場合の多くは、構想段階に問題がある」と考え、リスクヘッジを根底においた事業戦略の策定、プランニングを行っております。

080-5450-9751
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「IT化」のコラム

メガネ型ウエアラブル端末(2016/11/30 09:11)

IT企業の再編・統合(2016/11/02 08:11)

このコラムに類似したコラム

ビジネスにおけるインターネット活用で欠かせないこと 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2013/02/16 15:14)

ビジネスにおけるインターネット活用の基本 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2012/05/08 09:01)

インターネットビジネスの二つの道 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2013/10/04 10:54)

もっと地に足を付けてインターネット活用を進めてみませんか 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2013/02/04 10:26)

IT業界未経験者がインターネットビジネスによる起業をする場合 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2013/01/14 10:44)